「この7人がGANG PARADEです」レンタル移籍中のアヤ・エイトプリンスが決意表明

「この7人がGANG PARADEです」レンタル移籍中のアヤ・エイトプリンスが決意表明

GANG PARADE(写真提供:T-Palette Records)

GANG PARADEが全国ツアー「GANG PARADE Beyond the Mountain TOUR」のファイナル公演を7月30日に東京・WWWで開催した。

今回のツアーは7月25日発売のシングル「Beyond the Mountain」を携えて5都市で実施。カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスを9月末までの期間限定で“レンタルトレード”中のGANG PARADEにとって、新体制での初めてのツアーとなった。ツアーファイナルはチケットが即日完売となり、会場は遊び人(GANG PARADEファンの呼称)で満員に。足を運べなかった人々のためにニコニコ生放送で生中継も行われ、多くの視聴者がリアルタイムでライブを楽しんだ。

この日の1曲目は、昨年GANG PARADEに改名してから初のシングルとなったバラード「WE ARE the IDOL」。1年前の7月に同会場で行ったワンマンライブ「WE ARE the IDOL」のラストに初披露されたこの曲を、彼女たちは情感を込めて歌い上げた。続く「ISSIN ITTAI」「Happy Lucky Kirakira Lucky」で7人は一転してハイテンションに歌い踊り、会場は一気にヒートアップ。「3rd FLOOR BOYFRIEND」ではユイ・ガ・ドクソンが曲中で「最近かわいくなった(ヤママチ)ミキちゃん! その理由はグミサプリを食べてるからです!」と言って観客を沸かせた。

その後も彼女たちは、新編成初のツアーファイナルに対する気合いを示すように、一体感のあるダンスを繰り広げつつ、力強い歌声を響かせる。腕輪型のサイリウムを振りながら歌う「走る!!」が終わるとMCへ。しかしメンバーの様子がおかしく、キャン・マイカがしゃべり始めるとほかの6人が黙ってしまう。メンバーに相手にされないマイカは「ホント女って性格悪い! 帰る!」と憤慨して退場。残ったメンバーによって、マイカがイケメンのPAに胸を押し付けながらLINEを交換していたことが明かされる。連れ戻されたマイカはその件をしぶしぶ認めるも、「あれは生き別れの兄だった」と釈明。それを聞いたアヤが「なんだ! ケンイチくんはお兄ちゃんだったの!」と言い、なぜPAの名前を知っているのかという疑問から、実はアヤも連絡先を交換していたことが明らかになる。

そんな寸劇を経てライブは後半戦に突入。「UNIT」では「歌って!」というメンバーの煽りを受けて、オーディエンスはそれぞれ両隣の人と肩を組んで左右に揺れながら声を上げた。その後ユメノユアがMCで、11月21日にニューアルバム「GANG PARADE take themselves higher!!」をリリースすること、そして11月20日に東京・LIQUIDROOMでワンマンライブを開催することを発表。会場は歓喜の声に包まれた。さらに所属事務所WACKの代表・渡辺淳之介が「お知らせはそれだけじゃないんだ」と言いながらステージに登場。渡辺が「悪い知らせといい知らせがある」と話すと、何も聞かされていなかったメンバーは「本当に嫌だ……」と動揺した表情を浮かべる。しかし結局発表されたトピックは1つだけで、WACKの公式ファンクラブ「WACK FAMiLY CLUB」が設立されたというもの。渡辺は「今日のチケットもなかなか買えない人が多かったみたいで、皆さんのことを思いはかって、先にお金を払っておけば買えるチャンスが増える、というものを用意させていただきました」と説明した。

ヤママチの「ラスト3曲になっちゃいました!」という声に反応し、ここからは観客の声援も一段と激しさを増していく。「FOUL」では観客の「BODY & 7SOUL」というシンガロングが響き渡り、「pretty pretty good」「Plastic 2 mercy」と人気曲が連発されると、爆音のトラックに負けないほどの大きさでコールが会場に響いた。アンコールを求める「まだ足りない」という声を受けてメンバーが再びステージに現れると、アヤが「この場を借りて少し、私の話をさせてください」と切り出した。

彼女は言葉を詰まらせながら「私はBiSにいた頃、『悲壮感がない』とか『何も考えていない』とか言われていて、自分でも自分をどうしていいのかずっとわからなくて、すごく悩んでいました」と吐露。“レンタル移籍”後も自信が持てず、BiSからもGANG PARADEからも必要とされていないと感じる時期があったが、メンバーやスタッフ、遊び人に支えられながらGANG PARADEでの活動を続け、人前でのトークなど自分が苦手なことに少しずつ挑戦できていると説明し、彼女は「特に『何も考えていない』って思われるのが嫌でした。こうやって考えることができるようになったのは、GANG PARADEに入ってからだと思います。なので、私はGANG PARADEに入れたことにすごく感謝しています」と語った。

続けて彼女は「私はGANG PARADEに入って自分のあり方を見つけました。誰に何を言われようとも、ずっと笑顔でステージに立っていきたいと思いました。GANG PARADEはたくさんの人を笑顔にできるグループだと思います。私がGANG PARADEにたくさんの笑顔をもらったので、それは絶対間違いないです。この先もたくさんの山がきっとあると思うんですけど、この7人なら絶対に私は超えていけると思います。この7人がGANG PARADEです」と宣言。観客がアヤの声に耳を澄まし、会場が水を打ったような静けさに包まれる中、彼女は「GANG PARADEは永久不滅です!」と叫び、ドッと客席に笑いが起きた

そして彼女たちはアンコールとして、発売されたばかりのシングル曲「Beyond the Mountain」を熱唱。これからもGANG PARADEを続けていくという固い意志を改めて観客に伝えるように、最後に7人は力強く歌い上げた。

「GANG PARADE Beyond the Mountain TOUR」2017年7月30日 WWW セットリスト

01. WE ARE the IDOL
02. ISSIN ITTAI
03. Happy Lucky Kirakira Lucky
04. 3rd FLOOR BOYFRIEND
05. don't forget me not
06. Daydream
07. fly away
08. Barely Last
09. Close your eyes
10. 走る!!
11. テヲノバス
12. QUEEN OF POP
13. UNIT
14. Letter
15. sugar
16. ペニンシュラ
17. FOUL
18. pretty pretty good
19. Plastic 2 Mercy
<アンコール>
20. Beyond the Mountain

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL