欅坂46、初の全国ツアー完走!復帰した今泉佑唯が歌声響かせる

欅坂46、初の全国ツアー完走!復帰した今泉佑唯が歌声響かせる

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホール公演の様子。 (提供:Sony Music Records)

欅坂46が昨日8月30日に千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて初の全国ツアー「真っ白なものは汚したくなる」のファイナル公演を行った。

7月にリリースされた1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」と同じタイトルを冠した今回のツアー。最終公演はステージを覆う紗幕を使った演出と共に「エキセントリック」でスタートし、紗幕にはメッセージ性の強い歌詞が映し出された。紗幕が降りたあとは「月曜日の朝、スカートを切られた」などが届けられ、ライブ序盤から会場は大いに盛り上がった。

MC後には“ひらがなけやき”ことけやき坂46がパフォーマンスを披露。長濱ねるは気球に乗って場内を飛び回りながら、ソロ曲「100年待てば」を歌唱した。ユニット曲のブロックでは、キャプテンの菅井友香と副キャプテンの守屋茜が「次の曲は私たちも、皆さんもずっと待っていた曲です」とコメント。体調不良のため活動を休止していた今泉佑唯のソロ曲「夏の花は向日葵だけじゃない」のイントロが流れ出すと、客席からは大歓声が起こり、場内は黄色のペンライトの光一色に。前日の8月29日の公演でステージへの復帰を果たした今泉は自身のソロ曲を歌い上げ、ファンを魅了した。

ライブ後半では「誰よりも高く跳べ!」「世界には愛しかない」「危なっかしい計画」といったアッパーチューンが続き、公演の本編はアルバムに収録されている「太陽は見上げる人を選ばない」で締めくくられた。鳴り止まないアンコールに応えてステージに再び現れたメンバーは、会場がペンライトの緑の光で染まる中、ひさびさにメンバー全員で「サイレントマジョリティー」を熱演。MCで今泉の復帰を改めて祝ったあと、「二人セゾン」、けやき坂46と共に「W-KEYAKIZAKAの詩」をパフォーマンスした。また今回のツアー初のダブルアンコールでは平手友梨奈のソロ曲「自分の棺」と、「不協和音」が披露された。

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」2017年8月30日 幕張メッセ国際展示場4~6ホール セットリスト

01. エキセントリック
02. 月曜日の朝、スカートを切られた
03. 君をもう探さない
04. 語るなら未来を…
05. 永遠の白線
06. 100年待てば
07. AM1:27
08. バレエと少年
09. 少女には戻れない
10. ここにない足跡
11. 沈黙した恋人よ
12. 夏の花は向日葵だけじゃない
13. 東京タワーはどこから見える?
14. 誰よりも高く跳べ!
15. 世界には愛しかない
16. 危なっかしい計画
17. 太陽は見上げる人を選ばない
<アンコール>
18. サイレントマジョリティー
19. 二人セゾン
20. W-KEYAKIZAKAの詩
<ダブルアンコール>
21. 自分の棺
22. 不協和音

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL