ソナポケ☆DISCOでダンス!超特急×Sonar Pocket“やみつきコラボ”にタクヤ感涙

ソナポケ☆DISCOでダンス!超特急×Sonar Pocket“やみつきコラボ”にタクヤ感涙

超特急とSonar Pocket。

超特急とSonar Pocketが本日8月31日に東京・チームスマイル・豊洲PITにてライブイベント「HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special『超フェス』」の4日目公演を開催した。

「超フェス」は豊洲PITを舞台に、超特急がアーティストやお笑いタレントなどさまざまなジャンルのゲストを迎えて5日間連続で行う対バン形式のライブイベント。4日目のこの日は「“超”やみつきフェス」と題し、ソナポケがゲストとして迎えられた。

まずステージに姿を見せたのは超特急の7人。それぞれのイメージカラーを取り入れたストリートファッションを身にまとった彼らは、ここまでの「超フェス」では初披露となる「SURVIVOR」で4日目公演の幕を開ける。ライブで披露されることの少ないレア曲のイントロに沸く8号車(超特急ファンの呼称)の歓声を受け取ると、ダンサーはアクロバティックなパフォーマンスで冒頭からファンを圧倒。ユーキは腰に巻いたシャツを鮮やかに翻す大きな跳躍でオーディエンスの視線を引きつけた。

MCではリョウガが「“超”やみつきフェス」というタイトルについて「皆さーん! 超特急にやみつきな人? 今日のゲストさんにやみつきな人? そういうことですよね!」と来場者に呼びかけながら説明。するとカイは、「で、今日のライブを通してお互いのグループにやみつきになるってことですよね!」と付け加えた。ここで7人はさっそくソナポケの3人を招き入れる。ツアー中にも関わらず「超フェス」に出演するソナポケにリョウガが感謝を伝えると、eyeronは「ツアーも楽しみだけど、『超フェス』も楽しみにしていました!」と応じた。またユーキは本番前にソナポケの楽屋でko-daiと大好きなゲーム談義に花を咲かせたといい、eyeronに「ユーキくん入り浸ってたよ」と暴露される。これにユーキは「ko-daiさん相当やり込んでいるみたいで。おすすめのゲームを教えてもらいました」とうれしそうに返した。

ソナポケを見送ると、7人は「My Buddy」でライブを再開させる。「ライオンライフ」ではカイの「行くよー!」という合図で8号車がテンポよくペンライトを揺らし、メンバーは時にセクシーに、時にキュートにと目まぐるしく表情を変えながらこの曲を表現した。続く「超えてアバンチュール」ではユースケが「ソナポケピース!」とピースサインを決め、センターのリョウガも“ソナポケピース”を連発してみせた。

会場を十分に温めた7人が舞台袖へ姿を消すと、ソナポケのアクトがスタートする。eyeronは登場するなり「“ビリビリ”好きな8号車の皆様! 『GIRIGIRI』で盛り上がっていきましょう!」とタイトルコール。超特急のナンバー「Believe×Believe」をもじったセリフで8号車を一気に巻き込んでいく。2曲目の「月火水木金土日。~君に贈る歌~」でも彼らは「知らなくても大丈夫。ノり方は俺たちが教える!」と呼びかけてオーディエンスと向き合う。彼らの言葉に、観客も大きなクラップや合唱の声で応えて会場の熱を高めていった。

最初のMCで3人は8号車へ向けて自己紹介し、eyeronは「6号車ユースケくんばりの元気担当、ボーカルのeyeronです!」と言って歓声を集める。ko-daiは超特急メンバーのイメージカラーと被らない色でこの日の衣装を仕立ててきたことを明かし「僕らのイメージカラーはオレンジとシルバーです!」と宣言した。

続いて彼らがドロップした応援歌「ファンファーレ!」は今年デビュー5周年を迎えた超特急への祝福の歌として届けられ、eyeronの「超特急5周年おめでとう!」という声に8号車もソナサポ(Sonar Pocketファンの呼称)もタオル回しでひとつになる。DJのmattyがギタープレイで盛り上げた「ソナポケ☆DISCO」では途中から超特急のメインダンサー5人が飛び入り参加してエネルギッシュにダンスを踊り、ソナポケのステージに彩りを添えていた。

大きくフロアを沸かせたところで、ko-daiは「8号車のみんなが超特急とずっと寄り添っていけるように。ソナサポが僕らとずっと一緒に歩んでいけるように、この歌を歌います」と言ってバラードソング「好きだよ。~100回の後悔~」へとつなげる。するとオーディエンスは曲の冒頭のパートを大合唱し、これを聴いたko-daiは「……ヤバい」とつぶやいた。3人がラストナンバーに選んだのはソナポケの代表曲「365日のラブストーリー。」。ソナサポも8号車も手にしたペンライトを左右に揺らしてリズムに乗り、この光景にeyeronは「マジで“やみつき”になっちゃいました!」と大きな笑顔を浮かべていた。

超特急の後半戦はタカシの「少しの時間でいいので“やみつき”になっちゃってください!」という声でスタートした。ジャジーな「DJ Dominator」のビートに乗り、7人はクールな視線をフロアに投げながらステージを躍動。曲中にはダンサーのソロ回しが盛り込まれ、5人はそれぞれの個性を全開にしたパフォーマンスで楽曲を彩る。続いて披露されたのはR&B調の新曲「UNKNOWN...」で、メンバーはダイナミックなアクロバットと繊細な表現を織り交ぜたダンスでファンを魅了する。パーカのフードを被ったコーイチとユースケの目元には影が差し、曲の持つ悲壮な世界観に深みを与えていた。こののちに届けられた「Shake body」ではムードが一変し、7人の振り切った全力パフォーマンスに8号車も威勢のいいコールを飛ばす。ユーキは「恥じらいなんて捨てちゃいましょう。一緒に楽しむぞ!」と呼びかけると、オリジナルのダンスを観客にレクチャーして盛り上がりに拍車をかけ、コーイチは自身の歌うパートを「素敵な事があると信じていれば 必ず“やみつき”になっちゃうぞー!」と歌い替えていたずらっぽい笑みを浮かべていた。

“ソナポケピース”を連発した「fanfare」で超特急が本編を終えると、観客は「ソナ特急!」とアンコールを求める。この言葉を受けてステージに戻った超特急は彼らの“タオル曲”「浮つきWAVES」でライブを再開させ、タクヤは鍛え上げた腹筋を見せつけるソロパートでセクシーに腰を回して8号車の悲鳴を誘っていた。この曲を終えた7人はソナポケを呼び込み、彼らに「超フェス」の感想を求める。ko-daiは「『超フェス』に乗車できたことがこの夏1番の思い出になりました」と言って超特急を喜ばせた。また、この場面ではタクヤがソナポケの大ファンだったことが観客に明かされる。カイに「『好きだよ。』のときタクヤどうしてた?」と振られると、タクヤは「号泣してました。袖でずっと見てました」と照れながら告白していた。そしてコーイチはソナポケが観客をまとめあげる姿に感銘を受けたといい「僕らも見習わないと。今日は本当に勉強になりました、こーちゃん先輩!」とko-daiに語りかけた。

タカシが「もっとやみつきになりたい!」とリクエストすると、ko-daiは「ワカメダンスとカウボーイダンスっていう踊りが出てくる曲があるから、一緒に踊ろう!」と、「段々男女物語」へとつなげる。超特急の7人はノリノリでこの曲を踊ってソナポケの3人と笑顔を交わした。ラストの「Burn!」ではステージ上の10人全員が大サビを歌い、8号車とソナサポはぐるぐるとペンライトを回して彼らを全力で煽る。熱狂のコラボを終え、ソナポケは「楽しい! 最高でした!」と言って舞台袖へと姿を消す。カイは「『超フェス』最終日へ向けて、パワーがみなぎりましたね!」と晴れやかな表情を浮かべ「一緒にライブを作り上げてくれたソナサポの皆さん、ありがとうございました!」と感謝を伝えた。“ソナポケピース”がすっかり気に入った様子の7人は、最後の挨拶の場面でいつもの“超特急ポーズ”を“ソナポケピース”に変えるアレンジをして「以上、僕たちは超特急でした!」と声を合わせ、元気いっぱいにステージをあとにした。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL