mabanua、来春スタート新アニメ「メガロボクス」の劇伴に“全てを出し切る”

mabanua、来春スタート新アニメ「メガロボクス」の劇伴に“全てを出し切る”

mabanua (c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

mabanua(Ovall)が2018年春に放送スタートするテレビアニメ「メガロボクス」の劇伴を担当する。

このアニメは「あしたのジョー」の連載開始50周年を記念したプロジェクトの一環として制作されるもの。「あしたのジョー」を原案とし、薄暗い地下のリングを舞台に八百長試合に身を沈めるボクサーJD(ジャンク・ドッグ)の運命を描いたオリジナルストーリーとなっている。なお監督およびコンセプトデザインを森山洋、アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが担当する。

森山監督からオファーを受けたというmabanuaは自身のTwitterアカウントにて「この記念すべき制作に参加できることはこの上ない喜びと緊張でいっぱいです。今この時代を生きる自分にしか出せない音、今何ができるかを胸に持てる全てを出し切ろうと思います」と意気込みをコメント。なお本日YouTubeにて公開されたアニメのティザー映像ではmabanuaによるメインテーマを一部聴くことができる。

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL