LUNA SEA、金爆、WANIMAらがたまアリ沸かせた「ドリフェス」2日目

LUNA SEA、金爆、WANIMAらがたまアリ沸かせた「ドリフェス」2日目

LUNA SEA(撮影:山内洋枝、田辺佳子) (c)テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2017

10月26、28、29日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで、テレビ朝日主催のライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2017」が開催された。この記事ではTHE ORAL CIGARETTES、KEYTALK、ゴールデンボンバー、西野カナ、LUNA SEA、WANIMAが出演した2日目の模様をレポートする。

トップバッターを務めたKEYTALKはテレビ朝日のアニメ「クレヨンしんちゃん」のテーマ曲「オラはにんきもの」をバックにステージに登場。アニメの登場キャラクター・シロのコスプレをした八木優樹(Dr, Cho)が寺中友将(Vo, G)にリードで引かれながら茶目っ気たっぷりにお立ち台にお座りして見せると、場内は歓声と笑顔に包まれた。4人はダンスチューン「Love me」「Summer Venus」を続けて繰り出し場内を沸かせていく。さらに「6月に『ミュージックステーション』に出させていただいたんですけど、また出演したいなという気持ちを込めてそのときに演奏した曲をやります」という言葉と共に、彼らは「黄昏シンフォニー」で一体感のあるアンサンブルを堂々と鳴り響かせた。「MATSURI BAYASHI」では法被を着たダンサーたちがステージに並び、メンバーと共にお祭り騒ぎ。最後には「祭りの魂を俺らに響かせてもらってもいいですかー!?」という言葉を合図にキラーチューン「MONSTER DANCE」が繰り出され、会場はおなじみのキャッチーな振り付けで1つになった。

大歓声の中ステージに立ったTHE ORAL CIGARETTESは「わからない人はやってる人の真似してみて!」と告げ、恒例の“4本打ち”でライブをスタート。彼らは「『ドリームフェスティバル』で我々のロックをしにきました!」と力強く宣言し「リコリス」で観客をバンドの世界観へと引き込んでいった。妖艶な雰囲気を漂わせながら届けた「Shala La」などを経て、山中拓也(Vo, G)が「ロックバンドがこういうイベントに出れることをありがたく思います」と感謝の気持ちを述べ「DIP-BAP」へ。オーディエンスが一斉に手を上下に動かすと、山中は花道まで出て場内を見渡し「すごいな、おい!」と驚いた様子を見せた。終盤では山中が「周りがいいとか悪いとか、気にしないでください! 自分が本当にいいなと思ったものを絶対信じろ!」とこれまでもバンドが語ってきたメッセージを大舞台で観客に伝え「カンタンナコト」を熱く歌い上げる。最後には「俺らはあんまりテレビに出てないから、ここにいる全員に俺らの音楽を届けるには時間がかかるかもしれないけど……俺らが大事にしてるライブっていう部分で届けてみせますから、いつかここでワンマンさせてください!」と深々とお辞儀をし「トナリアウ」で最後まで芯のあるステージングを見せていた。

フードを深く被りミステリアスな空気をまといながらステージに現れた西野カナは、ダンサーをバックにクールに「GIRLS GIRLS」を披露しオーディエンスの目を引き付けていく。その後楽曲が終わると彼女はキュートな赤いスカートに早着替えし、「UNZARI」を甘く気だるげに歌い上げた。「ドリームフェス盛り上がっていきましょー!」と元気に挨拶したあと、彼女は「No.1」で伸びやかな歌声を響かせ観客を魅了。大きな声援が上がる中、西野は「今日は普段なかなかお会いできないアーティストとご一緒させていただくということで、ほんまに楽しみにしてきました!」とうれしそうに語った。「Girls」では赤い花びらが舞い落ちる映像に合わせて、場内には赤いペンライトの光が広がった。そして西野は「今年でデビュー10年目を迎えました。みんなとの絆を大切にしていきたいという思いを込めて書いた曲です」と最新シングル曲「手をつなぐ理由」で場内を温かな空気で満たしていく。最後にはバンド演奏をバックに「トリセツ」を届け、キュートな笑顔を浮かべて客席に手を振りながらステージをあとにした。

イベントも中盤に差しかかった頃にステージに登場したのはゴールデンボンバー。彼らが「#CDが売れないこんな世の中じゃ」で勢いよくライブを開始すると、オーディエンスはハイテンションでタオルを振り回し早くも会場は一体感に包まれた。「元カレ殺ス」のあとには鬼龍院翔(Vo-karu)が若手バンドの勢いに触れつつ「対バンの方々はLUNA SEAさん以外、みんな年下です。ゴールデンボンバーはもう中堅になっていて、びびっております……!」と語る。しかしその直後の「抱きしめてシュヴァルツ」では、喜矢武豊(Gita-)がギターソロの途中で扇風機の風によって服がはだけてパンツのみの姿になってしまう圧巻のパフォーマンスでオーディエンスの爆笑を呼んだ。さらに自身がファンだという出演者の西野のコスプレをした樽美酒研二(Doramu)も風によって衣装が剥がれていきパンツのみの姿に。その姿のまま樽美酒が「トリセツ」をチャーミングに歌い上げるという混沌とした流れに歌広場淳(Be-su)が「まずいよ! これはまずい。怒られるよ」と慌てふためく中、喜矢武が「SUGIZOでーす!」とおどけて見せ場内は笑い声であふれ返った。その後彼らはニューシングル曲「やんややんやNight ~踊ろよ埼玉~」をオーディエンスとデュエット形式で歌い上げ、最後にはチアリーディングダンスを交えながら「女々しくて」で強烈なインパクトを残していった。

WANIMAはステージに勢いよく登場するなり、オーディエンスが囲む花道までダッシュ。3人が人懐っこい笑顔で観客に手を振ると、会場は演奏が始まる前からアットホームな雰囲気に包まれた。彼らは会場に「ドリフェス」コールを巻き起こしたあと、FUJI(Dr, Cho)のドラえもんの物真似を挟みながら「THANX」を演奏。続いて10月26日に配信リリースされた新曲「ヒューマン」をライブ初披露した。KENTA(Vo, B)は「緊張したー! 次の曲から伸び伸びと歌うんで!」と安心した様子を見せ、場内いっぱいに携帯電話のライトが揺れる中「ともに」を真っ直ぐに届けていく。コール&レスポンスからスタートした「オドルヨル」では、オーディエンスが自由に体を揺らして楽しんでいた。その後のMCではFUJIが長渕剛の物真似をしながら西野の「トリセツ」を歌い上げて場内を沸かせ、笑顔に包まれる中彼らは「いいから」を演奏。そして彼らは「CHARM」で温かなメッセージを届け、大きな拍手に包まれながらステージを去っていった。

イベントのトリを務めたのはドリフェス初出演のLUNA SEA。バンドの大きなロゴが輝くスクリーンをバックにメンバーが1人ずつステージに現れると、客席から一際大きな歓声が上がった。真矢(Dr)の叩き込むようなドラムを合図に5人は1曲目「Anthem of Light」で貫禄のあるステージングを見せつけ、オーディエンスを圧倒する。続く「TONIGHT」ではメンバーがステージの端から端までを駆け回り、美しい旋律を奏でていった。RYUICHI(Vo)は「今夜初めて『ドリフェス』のステージに立ちましたが、とってもワクワクしながらほかの人たちのステージを観てました。みんなで盛り上がっていけたらいいな。よろしく!」と挨拶し「Dejavu」へとつなげた。重厚なサウンドとクリアなギターが交錯する「JESUS」を経て、RYUICHIは「LUNA SEAはもうすぐ結成30年を迎えます。すごく思い入れのある会場でこうしてライブができて最高です。みんなホントにありがとね」と感謝の気持ちを述べる。そして激しい炎がステージ下から噴射した「FACE TO FACE」のあとに「I for You」が届けられると、オーディエンスは5人が紡ぎ出す繊細なサウンドにじっくりと聴き入っていた。さらに彼らは華麗なギターソロや盤石のアンサンブルで観客の心を引き付け、時折笑顔で向かい合いながら「DESIRE」などを楽しそうにパフォーマンス。そしてRYUICHIの「さいたまスーパーアリーナ、お前ら全員でかかってこい!」の言葉と共に「WISH」で銀テープが放たれ、祝祭感あふれる雰囲気の中本編は終了した。アンコールでRYUICHIは花道を歩き、手を振りながらオーディエンスとコミュニケーションを交わす。その後彼らは「ROSIER」を最後の一音までじっくりと演奏し、ドリフェス2日目のフィナーレを飾った。

※「Dejavu」のe、aはアキュートアクセント付きが正式表記。

「テレビ朝日ドリームフェスティバル2017」
2017年10月28日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

KEYTALK

01. Love me
02. Summer Venus
03. 黄昏シンフォニー
04. 桜花爛漫
05. MATSURI BAYASHI
06. MONSTER DANCE

THE ORAL CIGARETTES

01. リコリス
02. Shala La
03. 気づけよBaby
04. DIP-BAP
05. BLACK MEMORY
06. カンタンナコト
07. 狂乱 Hey Kids!!
08. トナリアウ

西野カナ

01. GIRLS GIRLS~UNZARI(メドレー)
02. No.1
03. Have a nice day
04. Girls
05. One More Time
06. 手をつなぐ理由
07. トリセツ

ゴールデンボンバー

01. #CDが売れないこんな世の中じゃ
02. 元カレ殺ス
03. 抱きしめてシュヴァルツ
04. やんややんやNight ~踊ろよ埼玉~
05. 毒グモ女(萌え萌え編)
06. まさし
07. 女々しくて

WANIMA

01. THANX
02. ヒューマン
03. ともに
04. オドルヨル
05. いいから
06. CHARM

LUNA SEA

01. Anthem of Light
02. TONIGHT
03. Dejavu
04. JESUS
05. Face to Face
06. I for You
07. STORM
08. DESIRE
09. TIME IS DEAD
10. WISH
<アンコール>
11. ROSIER

(c)テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2017

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL