「音楽摩天楼」で新しい学校のリーダーズ、サバプロらが渋谷タワレコを熱狂ライブハウスに

「音楽摩天楼」で新しい学校のリーダーズ、サバプロらが渋谷タワレコを熱狂ライブハウスに

10月28日に東京・タワーレコード渋谷店にてライブイベント「音楽摩天楼 - ONGAKU MATENRO」が行われた。

これは10月22日から11月17日まで東京都内各所で開催中のレッドブル主催による音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」の一貫として行われたもの。当日はタワーレコード渋谷店の各フロアで全17組のアーティストによるライブやトークイベントが行われ、店内は終日大にぎわいとなった。

4Fフロアのトップバッターを務めたのは新しい学校のリーダーズ。4人は艶っぽい表情で「毒花」をパフォーマンスしたあと、「透明ガール」ではフォーメーションが目まぐるしく変化するダンスで観客を魅了する。新曲「キミワイナ'17」を経てSUZUKAが「SNSに囚われすぎている現代の人に捧げる」と口にすると、4人は赤いメガホンを手に「SNS24時」を歌唱。SUZUKAのメガネが落ちるほどの熱演に、フロアも最高潮の盛り上がりを見せた。彼女たちはラストに「学校行けやあ゛」を届け、「下校!」の合図でそそくさとステージを去っていった。

続いて屋上ROOFステージでは、夢みるアドレセンスのライブがスタート。「雨ですけど元気ですか? 夢アドを知らない人も、一緒に楽しんでいきましょう!」と元気いっぱいに挨拶した彼女たちは、振り付けをレクチャーしながら「20xx」を歌い観客との一体感を作り上げていく。4人はその後も「ファンタスティックパレード」「17:30のアニメ」などのアッパーチューンを投下して場内を大いに盛り上げた。続いて真っ赤なドレス姿で現れた東京女子流が「ミルフィーユ」を披露すると、フロアからは手拍子が鳴り響く。彼女たちは小雨がぱらつく中「雨と雫」で切ない歌声を届け、「YOU&I FOREVER」でライブを締めくくった。

イベント後半戦にB1フロアに登場したSurvive Said The Prophetは、1曲目「Network System」から全力のアクトを展開する。続く「Fool's gold」では観客が一斉にジャンプし、フロアは早くも熱狂の渦に。そんな様子を眺め、Yosh(Vo)は「You guys are fuckin' beautiful」と笑顔を見せた。彼は「後悔だけはしないでください」と語りかけてから、「When I」をエモーショナルに歌い上げた。続くNOISEMAKERは「行けますか渋谷!」というAG(Vo)の言葉を合図に「Flag」でライブを開始。盛大なコール&レスポンスを挟みながら、新曲「Something New」まで全6曲を勢いよくプレイした。

加治ひとみはバックダンサーを引き連れて4Fフロアに登場。「TROUBLE」「Candy」をキュートに歌唱したあとは「ゆっくり聴いてくれたらと思います」とバラードナンバー「ルール違反」をしっとりと披露するなど、多様な表現を見せつけた。続いてステージに現れたのは、イベントのラストを飾るMichael Kaneko。彼は「人生初インストアライブです」とやや緊張した面持ちを見せたものの、「Lost In This City」でライブを始めると柔らかな歌声とギターの音色で一気に観客を惹きつける。続く「Flooded」では観客の手拍子を煽り、次第に大きくなる拍手の音に笑顔を見せた。「レッドブル最高ですね」と喜びを口にした彼は、ラストに「Cracks In The Ceiling」を丁寧にプレイし「音楽摩天楼 - ONGAKU MATENRO」の幕を閉じた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL