乃木坂46が日本レコード大賞の栄誉を手に「関わってくれている全ての人のおかげ」

乃木坂46が日本レコード大賞の栄誉を手に「関わってくれている全ての人のおかげ」

乃木坂46

本日12月30日(土)にTBS系で放送された「第59回 輝く!日本レコード大賞」にて、「第59回 日本レコード大賞」大賞作品および最優秀新人賞が発表された。

優秀作品賞にノミネートされた10組の中から大賞作品に選ばれたのは、乃木坂46の「インフルエンサー」。桜井玲香は「信じられないです。こうして大賞をいただけたのは、いつも支えてくださっているスタッフさんとメンバー全員、ファンの皆さんと、乃木坂46に関わってくれている全ての人のおかげだと思っています」と感謝の思いを述べた。また同曲でダブルセンターを務める白石麻衣は「日々応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです」、西野七瀬は「さっきのパフォーマンスはみんなで今までで一番いいものができたねって自画自賛してたので、本当にうれしいです」とコメント。齋藤飛鳥は「さっきのパフォーマンスがみんなでよかったねと言っていたので、このあと披露するのが怖いです」と話したが、グループは堂々たるパフォーマンスで「第59回 輝く!日本レコード大賞」を締めくくった。

また最優秀新人賞は、今年メジャーデビューを果たしたつばきファクトリーが受賞。リーダーの山岸理子は「私たちはメジャーデビューするまで時間がかかったのですが、一生に一度しか取ることのできない最優秀新人賞をいただけて本当にうれしいです。この賞に恥じないようにこれからもっともっと大きいグループを目指してがんばるので、見守っていてください」と涙ながらに喜びを述べた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL