BUCK-TICK全国ツアーが武道館で終幕、今井寿も会心「最高でした」

BUCK-TICK全国ツアーが武道館で終幕、今井寿も会心「最高でした」

BUCK-TICK「THE DAY IN QUESTION 2017」東京・日本武道館の様子。(撮影:田中聖太郎写真事務所)

昨日12月29日、BUCK-TICKが東京・日本武道館にて全国ツアー「THE DAY IN QUESTION 2017」の最終公演を開催した。

今回のツアーは、今年9月に2日間にわたって行われたデビュー30周年ライブ「BUCK-TICK 2017 "THE PARADE"~30th anniversary~」の凝縮したような内容に。開演前には過去のBUCK-TICKのミュージックビデオを編集した映像が上映され、ファンのテンションを高めていく。その後メンバーが姿を見せ、オープニングナンバーの「独壇場 Beauty -R.I.P.-」を奏でた。

ライブのセットリストは新旧のナンバーで構成され、中盤にはベスト盤リリース時に行われたファン投票で上位を獲得したレア曲「ノクターン -Rain Song-」や「サファイア」が披露される場面も。楽曲によっては映像演出も交え、BUCK-TICKの世界観が視覚的に表現されていった。櫻井敦司(Vo)はMCで「もう30数年前からパレードは始まっていました。みんな大人になりましたけど、ここは子供のまんまです」と心臓を指し、「みんなおいで。今井さんもいるし、ヒデもいる。ユータだっているよ。アニイは今日も座っている。さあ、おいで」とファンに呼びかける。そして本編の最後に5人は「COSMOS」を熱演。曲の終盤には観客の合唱を目の前にして「今夜も素敵な歌をどうもありがとう」と笑顔を浮かべた。

大歓声の中で始まったアンコールでは、櫻井が激しいパフォーマンスを披露する「無題」を含む3曲をプレイ。さらにダブルアンコールにも応えた彼らは30年前にリリースしたアルバム「SEXUAL×××××!」から「ILLUSION」「MY EYES & YOUR EYES」を届けオーディエンスを狂喜させていた。そしてツアーの最後を飾る1曲として「NEW WORLD -biggining-」が演奏されたあとメンバーはファンとの別れを惜しみ、普段のライブでは口数が少ない今井寿(G)が「最高でした。ありがとう。バイバイ!」と挨拶をすると客席からは歓喜の声が上がった。

なおBUCK-TICKは終演後に、3月14日に21枚目のオリジナルアルバム「No. 0」をリリースすることや、3月31日より全国ツアーを開催することをアナウンス。2018年もエネルギッシュな活動が期待できそうだ。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

BUCK-TICK「THE DAY IN QUESTION 2017」2017年12月29日 日本武道館 セットリスト

01. 独壇場Beauty -R.I.P.-
02. ICONOCLASM
03. ANGELIC CONVERSATION
04. THE SEASIDE STORY
05. ORIENTAL LOVE STORY
06. スピード
07. LOVE PARADE
08. ノクターン-Rain Song-
09. サファイア
10. BABEL
11. BOY septem peccata mortalia
12. Coyote
13. 絶界
14. Memento mori
15. COSMOS
<アンコール>
16. MACHINE -Remodel-
17. 無題
18. 愛の葬列
<ダブルアンコール>
19. ILLUSION
20. MY EYES & YOUR EYES
21. Alice in Wonder Underground
22. NEW WORLD -beginning-

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL