SUPER★DRAGON“吉報”に沸いた噴水広場で交わした約束「デカいところへ連れて行く」

SUPER★DRAGON“吉報”に沸いた噴水広場で交わした約束「デカいところへ連れて行く」

SUPER★DRAGONのライブの様子。(撮影:笹森健一)

SUPER★DRAGONが本日1月31日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にてこの日発売のニューシングル「Monster!」の発売記念イベント「SOUL FLAG」を行った。

スケジュールの都合でイベントを欠席した壮吾を除く8人が噴水広場に姿を見せると、上層階のバルコニーまでびっしりと会場を埋め尽くしたファンは大きな歓声で彼らを迎える。スパドラが1曲目にドロップしたのはライブの人気曲「Mr. GAME」で、ゲームコントローラーを手にしたメンバーがほかのメンバーを操る振りが印象的なパフォーマンスで観衆を一気に引き付けると、勢いそのままに2曲目の「Mada' Mada'」へ。ここでは和哉の攻撃的なラップを合図に8人が四方に散ってファンの声を求め、会場のボルテージを引き上げていった。

2曲を終えMCに入ると、毅は「ちょっと池袋、ヤバいじゃないですか!」と興奮気味にひと言。8人は「Monster!」がリリースされたことを報告し、颯は「リリース日だからいつもの2倍、3倍盛り上がらないと“つまみ出すぞ!”」と、温和な性格の彼が辛らつに言い放つファン待望の決めゼリフで観客を沸かせた。8人目に挨拶に立ったジャンが「ジャンジャジャン」と自分の名前を連発するコール&レスポンスでファンを楽しませると、毅は「お前ら、モンスターになれますか?」と問いかける。ここで彼らはシングル表題曲の「Monster!」をパフォーマンス。8人は目まぐるしい展開のフォーメーションチェンジや唇を指でなぞる艶っぽい仕草でファンを魅了していく。またサビのパートでは腕を顔の前で回すキャッチーな振りを観客も一緒になって踊り、噴水広場は大きな一体感に包まれた。

「Monster!」のカップリング曲であるトロピカルハウスナンバー「City Noise」で熱気を少しクールダウンさせると、スパドラはラストナンバーとして「BROTHERHOOD」をファンに届けた。毅は「一緒に歌いたいです。盛り上がっていきましょう!」と呼びかけ、洸希は得意のヒューマンビートボックスを炸裂させて歓声を誘う。大サビでは8人がガッチリと肩を組み、彼らの真ん中に立った彪馬は力強いボーカルでこの曲を歌い上げた。

5曲の熱演を終えると毅は「このシングルを今年1発目の作品として出させていただくのは意味のあることだと思うし、皆さんをどんどんデカいところへ連れて行く、その意思表明のシングルになっていると思います」と思いを伝えた。ここでライブを終え舞台袖へと歩みを進めた8人だったが、途中でスタッフからの伝言を受けて再度舞台の中央へ。スタッフの耳打ちを聞いた毅は「皆さん、静粛に。『Monster!』、オリコンデイリーランキングで3位を獲得しました!」と笑顔を浮かべながらファンに報告した。最後に届いた吉報に8人は大喜びで、ジャンは「皆さんのおかげです。ありがとうございます!」と感謝を伝える。メンバーは再度深いお辞儀をすると、ステージを囲むファンにくまなく笑顔を向けながらステージをあとにした。

SUPER★DRAGON「SOUL FLAG」2018年1月31日 池袋サンシャインシティ噴水広場 セットリスト

01. Mr. GAME
02. Mada' Mada'
03. Monster!
04. City Noise
05. BROTHERHOOD

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL