菅田将暉1stライブツアー完走、新曲やカバー曲で渋谷クアトロ沸かす

菅田将暉1stライブツアー完走、新曲やカバー曲で渋谷クアトロ沸かす

菅田将暉「菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018」東京・渋谷CLUB QUATTROの様子。(Photo by HAJIME KAMIISAKA)

昨日2月27日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて菅田将暉の初のライブツアー「菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018」のファイナル公演が開催された。

約800人のファンで満員になった渋谷CLUB QUATTRO公演は、最新シングル曲「さよならエレジー」でスタート。菅田がアコースティックギターをかき鳴らしながらエモーショナルな歌声を届けると、フロアからは大きな歓声が沸き起こった。リズムに合わせて手を挙げ、笑顔で観客とコミュニケーションを取った菅田は「菅田将暉です! よろしくお願いします!」という挨拶を挟み、「ばかになっちゃったのかな」「雨が上がる頃に」といった叙情的なナンバーを披露。バンドメンバーによるダイナミックなサウンドに合わせたパフォーマンスでファンを魅了した。

その後菅田は「俳優業をやりながら、こうやってライブをやらせてもらっている理由は、楽しい時間を共有したいから。僕と一緒にこの時間を作ってください!」というMCを経て、カバー曲を次々に演奏。両親の影響で幼少の頃から親しんでいたという吉田拓郎「今日までそして明日から」、菅田が出演した映画「あゝ、荒野」の主題歌であるBRAHMAN「今夜」、毛皮のマリーズ「コミック・ジェネレイション」、ビートたけし「浅草キッド」といったナンバーで会場を盛り上げていった。

ライブ後半では石崎ひゅーいとの交流から生まれた楽曲「いいんだよ、きっと」「台詞」、渡辺大知(黒猫チェルシー)の提供曲「風になってゆく」など、3月21日発売のデビューアルバム「PLAY」に収められる新曲が披露された。そして本編のラストに届けられたのは1stシングルの表題曲「見たこともない景色」。菅田の歌声に合わせて観客の大合唱が巻き起こり、会場のテンションは一気に上昇した。

アンコールに応えて再びステージに登場した菅田は、「家で一番弾き語ってる曲です」と紹介したフジファブリック「茜色の夕日」をアコギの弾き語りで熱唱。さらに自身で初めて作詞作曲を手がけた「ゆらゆら」、パンキッシュなロックナンバー「ピンクのアフロにカザールかけて」を初披露した。全16曲を届けた彼は最後に「本当に楽しいツアーだったし、終わるのが寂しい。できるなら、このメンバーと一緒にライブを続けていきたいです」と語り、「菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018」の幕を閉じた。

菅田将暉「菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018」2018年2月27日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. さよならエレジー
02. 新・俺よ届け(オリジナル:忘れらんねえよ)
03. ばかになっちゃったのかな
04. 雨が上がる頃に
05. 今日までそして明日から(オリジナル:吉田拓郎)
06. 呼吸
07. 今夜(オリジナル:BRAHMAN)
08. コミック・ジェネレイション(オリジナル:毛皮のマリーズ)
09. 浅草キッド(オリジナル:ビートたけし)
10. いいんだよ、きっと
11. 台詞
12. 風になってゆく
13. 見たこともない景色
<アンコール>
14. 茜色の夕日(Acoustic ver.)
15. ゆらゆら
16. ピンクのアフロにカザールかけて

※記事初出時、アーティスト名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL