曽我部恵一とBoseがコラボ曲「忘れられない歌」を制作、高校生と共にえびの市をPR

曽我部恵一とBoseがコラボ曲「忘れられない歌」を制作、高校生と共にえびの市をPR

「忘れられない歌」ミュージックビデオのワンシーン。

曽我部恵一(サニーデイ・サービス)とBose(スチャダラパー)が楽曲「忘れられない歌」を制作。この曲のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

「忘れられない歌」は宮崎県えびの市のシティプロモーションの一環として曽我部とBoseが共作した楽曲。MVはアートディレクターで京都精華大学講師の光嶋崇を迎え、市内唯一の県立高校である飯野高校の3年B組の生徒を対象に行われた市のPRを考えるワークショップの中で制作された。

MV制作は生徒たちがワークショップの中で「えびの市の魅力」を掘り下げることから始まった。生徒たちはBoseが制作したデモ音源をもとに映像の内容を考え、ワークショップ中にサプライズ登場したBoseとアイデア出しや意見交換を行った。

このMVは映像作家・木村和史がディレクションを手がけ、宮崎県出身の女優・工藤綾乃が年代の異なる3人の登場人物を1人3役で好演。映像にはワークショップに参加した生徒たちも出演し、高校生とクリエイターが一体となって作り上げた。今回のコラボについて曽我部は「この曲を聴くと、えびの市が自分のルーツだと思い出すようになってくれるとうれしい」、Boseは「これから成長していくにつれ、より一層楽曲や映像が染みてくると思う」とコメントを寄せた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL