HEATWAVEからベーシスト渡辺圭一が脱退

HEATWAVEからベーシスト渡辺圭一が脱退

HEATWAVE。左端が渡辺圭一(B)。

本日3月31日をもって、HEATWAVEから渡辺圭一(B)が脱退したことが発表された。

HEATWAVEのオフィシャルサイトでは、渡辺が脱退について「山口洋と話し合い、お互いの発展のためにその方がいいと結論を出しました」とコメント。今後については「自分は相変わらず大好きな福岡を拠点に活動は続けていきます」「お互いに残りの人生をさらに豊かにすべく、新しいページをめくります。春とともに」とつづっている。また山口洋(Vo, G)は渡辺に対し、「圭一、長い間、ほんとうにおつかれさま!そして、ありがとう!」とメッセージを送り、今後は山口、細海魚(Key)、池畑潤二(Dr)の3人でバンド活動を続け、後任ベーシストの加入は予定していないと述べている。

HEATWAVEは1979年に山口を中心に福岡で結成されたロックバンド。1999年に解散を宣言するも、2003年に渡辺を含む4人編成でバンド活動を再開させた。昨年12月にはキャリア初のセルフカバーアルバム「Your Songs」をリリースし、ライブツアーを行った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL