さくら学院2017年度卒業生が写真集お渡し会を実施、今年の中3を表すひと言は「笑顔」

さくら学院2017年度卒業生が写真集お渡し会を実施、今年の中3を表すひと言は「笑顔」

左から岡崎百々子、山出愛子。

本日3月31日に写真集「さくら学院 山出愛子・岡田愛・岡崎百々子 2018年3月 卒業」のお渡し会が東京・書泉ブックタワー 9F イベントホールにて開催された。

さくら学院は義務教育期間のみ在籍することができる“成長期限定!!”ユニット。学校生活とクラブ活動をテーマに、いろいろな分野で個性を表現している。彼女たちは例年卒業生にフォーカスを当てた写真集を刊行しており、その年度に卒業した生徒たちによるお渡し会を行ってきた。今年度のお渡し会には3月24日にさくら学院から卒業した山出愛子、岡崎百々子が出席。同じく今年度の卒業生である岡田愛は体調不良のためイベントを欠席した。

山出と岡崎はお渡し会の合間に行われた記者会見に登場。最後となるさくら学院の制服姿をお披露目した。まず2人は写真集の中でオススメのカットを紹介。山出は「百々子推しなので……」と見開きで岡崎の写真が掲載されたページを選び、「右側のページが一番好きです。私のことを見てる感じがして、かわいいです」と声をはずませる。一方で岡崎は3人がそろった見開きページ。「今年の中3はワイワイ系なので、こういう大人っぽいというか、シュッとした表情はあまり見せないと思うのでお気に入りの写真です」と語った。山出の写ったカットの中だと満面の笑顔を見せた山出が捉えられた写真が好きだという。

グループを卒業した率直な気持ちを聞かれた山出は「年明けぐらいは『あと3カ月で卒業か……』と思っていたんですけど、卒業式当日になったら実感がなくなって。でも『夢に向かって』(アンコール最後の曲)を歌っているときに『最後なんだな』と思いました。悔いを残さないというか、5年間学んだことの集大成を見せられたんじゃないかなと思います」としみじみ。続けて「卒業式まで私と百々子と(日高)麻鈴はパンとチーズとチョコを自主的に禁止していたんです。“脱おブス”とか言いながら。なので、百々子も私も卒業した次の日の朝からパンを2枚食べました」と語り、岡崎も「幸せだったよね」と頬を緩ませた。また岡崎は「卒業公演が終わったあとは完全燃焼できたなっていう印象があって。今日で制服を着ることもなくなって、さくら学院のメンバーじゃなくなっちゃうのは寂しい気持ちでいっぱいです。さくら学院で学んできたことは将来大きなものになるなと思うので、入れてよかったです」と自信に満ちた表情を見せた。

記者から「“夢に向かって”新しく始めたこと、もしくは新しく始めようと思っていることは?」と言う質問が飛ぶと、山出はTwitter(@aiko_yamaide)とInstagram(@aiko_yamaide)のアカウントを開設したことを明かす。「皆さんにもチェックしていただけたらなと思います。エゴサ女王なので、これからも父兄さんたちの間で話題になっていることとか、2018年のさくら学院の動向とかを追いたいなって思っています」とはにかんだ。記者が、海外留学が決定している岡崎に時期と場所について尋ねると、彼女は「時期は4月から。場所は夢の国です(笑)」と回答。留学を終え、岡崎が帰国した際に3人でやってみたいことについて聞かれると、2人は「遊園地に行きたい」と大はしゃぎ。山出は「実はもう3人で行こうとしたんですけど、めぐのお母さんにダメって言われちゃったので、もう少し大きくなったら3人で行きたいです」と話した。岡崎は「大阪にも行きたいね。大人になってお酒が飲めるようになったら、みんなでおつまみを食べながら『イエーイ!』ってやってみたいんです」とハイテンションに語った。

「2017年度の中等部3年をひと言で表すなら?」という質問には、2人で口をそろえて「笑顔」と回答。山出が「3人共笑顔で、つらくても笑顔でした(笑)。つらいところを見せないところが私たちらしかったのかなと思います」と理由を話すと、岡崎は「そだねー」と賛同した。今後の活動について問われると、シンガーソングライターとして活動していく山出は「さくら学院に楽曲提供することが一番大きな夢です」、岡崎は「外国人とコミュニケーションを取ってたくさん友達を作りたい。あとダンスに磨きをかけたいですね。もともとダンスが好きなんですけど、さくら学院を通して表現力とかを学んできたので、それを生かしてもっともっとキレを出したりとか……夢に向かって、スーパーレディを目指して顔笑りたいなと思っています」と力強く語った。

※記事初出時、キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL