ももクロが「クレしん」野原家と交流、ほくろ好き百田夏菜子にしんのすけ暴走

ももクロが「クレしん」野原家と交流、ほくろ好き百田夏菜子にしんのすけ暴走

暴走する野原しんのすけと止める一同。

ももいろクローバーZが本日4月14日に東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の公開記念舞台挨拶に登壇した。

ももクロは「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で主題歌「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を歌唱していることから舞台挨拶に登場。イベント前半には4人のほか、野原しんのすけ、ひろし、みさえ、ひまわりと、ゲスト声優を務めた関根勤も壇上に上がった。野原一家のドタバタしたやり取りのあと、映画の中でしんのすけにカンフー“ぷにぷに拳”を教える師匠役を演じた関根は「ぷにぷに拳という中国秘伝の拳法を教える師匠と言うことでがんばりました。すごいアクションが満載なので楽しんでください」と挨拶。百田夏菜子は「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を表題曲としたシングルをリリースしたことを報告しつつ、「映画の公開を楽しみにしていました。今日はよろしくお願いします」と述べた。続けて玉井詩織は「物心付いた頃からしんちゃんは本当に身近な存在。今日は野原家の皆さんとステージに立ててすごくうれしいです」、佐々木彩夏は同映画をメンバー全員で観たことを伝えてから、「ずーっと頬が緩んじゃってニヤニヤして観てました。しんちゃんがすごくがんばっていたし、自分も映画の世界に入った気分になれる映画です」、高城れには「友情濃いめの映画でもありますが、家族との絆が見えたり、最初から最後までほっこりするような内容でしんちゃんから学ぶこともたくさんありました。しんちゃんありがとう!」とそれぞれコメント。高橋監督は少し緊張した様子ながら、「自分が企画して考えた何倍も面白くなりました。自分でもびっくりしてます。スタッフやパワフルなキャストの皆さんのおかげです。楽しみながら作ったので皆さんも思いっきり楽しんでいただけたらなと思います」と語った。

舞台挨拶の中盤、しんのすけが高城を指名し、「れにちゃんのお母さんがオラの母ちゃんにそっくりって言う怖い噂を聞いたんだけど? どこらへんが似てるのかな?」と問いかけた。すると高城が「みさえさんと私のお母さんは、まず骨格が似てるの。声もしゃべり方のトーンもそっくり」と答えた。またひろしが「れにちゃんはしんのすけのモノマネが得意だって聞いたぞ!」と話題を振り、高城がクオリティの高いしんのすけのモノマネを披露して観客や登壇者を驚かせると、みさえは「どうしよう! れにちゃんが“れにのすけ”になっちゃった!」と声を上げた。ももクロのメンバーは高城家と野原家の雰囲気が似ていると口にし、百田は「しんちゃんは5歳だけど、うちの(高城)は今年25歳なんで」と付け加えた。関根は「クレヨンしんちゃん」にまつわる思い出として、娘の関根麻里がお尻を出して、ケツケツダンスをしていた過去を明かし、孫を含め3世代で映画館に足を運ぶ予定だと話した。

続いてのコーナーでは、「敵の作ったラーメンを食べてしまうと、みんながヤミツキになってしまう」という映画の設定をもとに、登壇者が「ヤミツキになってしまうもの」の絵をフリップに書いてお披露目。関根がシュークリームの絵を見せながら最近シュークリームにヤミツキになっていると語ったあと、高城は「私はリップ集めにハマっていて、普段から10本くらい持ち歩いてます。リップにヤミツキで今日もしっかり塗って“爆盛”してます」とコメントした。続いて佐々木は「私も7年くらい前はシュークリームにハマっていたんですけど、食べすぎちゃってそろそろしょっぱいものがいいなと思って。最近は韓国海苔にハマってます」とイラストを見せる。関根がイラストを覗き込みながら「これ麻雀パイかと思ったら韓国の“韓”が書いてあるんですね!」と関心を示すと、佐々木は「1箱あったらパクパク食べちゃうんです」とヤミツキトークを展開。玉井が「(佐々木は)海苔を食べるプロなんですよ。いかに片手で効率よく海苔を食べるかって」と明かすと、関根は「海苔は腸内環境をよくするらしいですよ」と補足した。

玉井はバック転をしているイラストが描かれたフリップを掲げ、「最近アクロバットの練習をしてまして、練習をやり出すと止まらないんです。筋肉痛になってもやっちゃうくらい」とコメント。関根が「バック転できるの?」と問うと、玉井は「今、練習中です! ライブでできるようになりたくて。しんちゃんに負けないくらいアクションをがんばりたい」と意気込んだ。メンバーによると最近の玉井は気が付くと逆立ちの練習をしていることもあるそうで、玉井は高橋監督に「いつかアクション映画の主演でお願いします」とアピールした。

百田は「イヤリングにヤミツキです」とイラストを見せながら説明。ここではみさえが百田による絵を見ながら思わず「ああ、耳ね」と漏らしていた。また関根は「ギリギリわかるよね。イヤリングが耳からぶら下がってるからよかった。耳たぶに近いとほくろに見えてた」と発言。すると百田は「実は私、ほくろが好きで」と話し始め、「人のほくろも好きだし、自分でも新しいほくろができると……」とトークを続けていると、しんのすけが「オラにほくろないかな!」と観客に背を向けて百田に勢いよく詰め寄った。玉井が「しんちゃん、出しちゃダメ!」と制止をうながし、みさえが「しんのすけ! 離れる!」とたしなめると、しんのすけは元の位置に戻った。

その後、野原一家の声優である矢島晶子(野原しんのすけ役)、ならはしみき(みさえ役)、森川智之(ひろし役)が登壇してそれぞれが挨拶。舞台挨拶の最後には全員で記念撮影を行ってイベントを終えた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL