岡崎体育、1000人を踊らせた¥0ライブ

岡崎体育、1000人を踊らせた¥0ライブ

「uP!!!NEXT 岡崎体育~岡崎体育(¥0)~」の様子。(撮影:小境勝巳)

岡崎体育が本日4月30日に東京・お台場 uP!!!NEXT 特設会場にてフリーライブ「uP!!!NEXT 岡崎体育~岡崎体育(¥0)~」を開催した。

この公演は岡崎体育が4月25日にニューアルバム「OT WORKS」をリリースしたことを記念して行われたもの。会場には抽選に当選したファン1000人が集まり、約1時間におよぶ彼のライブを堪能した。またこの日は子連れのファンのためにキッズエリアも用意されており、子供たちも彼のユーモアあふれるパフォーマンスを楽しんでいた。

岡崎は登場するなり「騒ぎに来たんでしょう? 踊りに来たんでしょう?」と観客を焚きつけ、「STAMP」「Open」とダンサブルなナンバーを連投。クールに踊ってみせたかと思えば、ユーモアあふれる歌詞とユニークな動きで笑いを誘うなど、さっそく観客を惹き付けていった。

MCでは「うるさいの続いたな、耳、大丈夫か?」とキッズエリアの子供を気にかけ、大人のファンには「大人たち、気を使えよ!」と声をかける。そして「子供でもわかりやすいやつ」としてテレビアニメ「ポケットモンスター」シリーズのエンディングテーマ「ジャリボーイ・ジャリガール」「ポーズ」を続け、子供たちを喜ばせた。

岡崎は「FRIENDS」ではフリーライブにちなんだ歌詞に替えて歌い、“タオル曲”「まわせPDCAサイクル」の演奏前にはファンが掲げる岡崎体育以外のタオルを指摘する“タオルいじり”をして観客を楽しませる。ラストナンバー「Q-DUB」ではキッズエリアの子供たちもヘッドバンキングを繰り返し、一体感に包まれた。

アンコールで登場した彼は、ファンにリクエストを尋ねながら演奏曲を選ぶ。そして「魂の叫びがつまってる曲」として「Explain」をプレイし、2020年までに埼玉・さいたまスーパーアリーナでライブを行うことをファンに宣言してステージをあとにした。

uP!!!NEXT 岡崎体育~岡崎体育(¥0)~
2018年4月30日 お台場 uP!!!NEXT 特設会場 セットリスト

01. STAMP
02. Open
03. Instant Brade
04. XXL
05. ジャリボーイ・ジャリガール~ポーズ
06. FRIENDS
07. ケルベロス
08. まわせPDCAサイクル
09. キャラクター
10. 感情のピクセル
11. Q-DUB
<アンコール>
12. Explain

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL