祝結成10周年!HERE主催「ハイテンションフェス」で9mm、アルカラ、エビ中と熱演

祝結成10周年!HERE主催「ハイテンションフェス」で9mm、アルカラ、エビ中と熱演

HERE「ハイテンションフェス2018」の様子。(撮影:高畠正人、新倉映見)

HEREの結成10周年を記念したライブイベント「ハイテンションフェス2018」が、5月15日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催された。

このイベントにはHEREに加え、彼らと親交のある9mm Parabellum Bullet、アルカラ、私立恵比寿中学と、転換MCとして流れ星が出演。それぞれがHEREの結成10周年を祝してステージに立った。トップバッターを務めた9mm Parabellum Bulletは、メンバー4人とサポートギタリストの為川裕也(folca)の5人編成で登場し、1曲目に「ロング・グッドバイ」を演奏。滝善充(G)がギターソロでお立ち台に飛び乗ると即座に大歓声を沸き起こすなど、感度のいいオーディエンスが埋め尽くすフロアに向けて、バンドは「Cold Edge」「反逆のマーチ」を畳みかけていった。HEREとは長い付き合いになると話した菅原卓郎(Vo, G)は、「HEREの武田(将幸)くんには彼が9mmのファンだったときからお世話になってます。そんな彼と今日はやらないわけにはいかないでしょう!」と武田をゲストに招き、人気曲「Black Market Blues」をプレイ。お立ち台でギターソロを弾く滝に負けじと武田がアグレッシブなステージングを見せ、観客を盛り上げた。9mmは「HEREも9mmも、アルカラもエビ中も……乗り越えていく系のアーティストですから。みんなも乗り越えていきましょう!」「いけるか! いけるか!」という菅原の言葉に続いて「ハートに火をつけて」「The Revolutionary」「Discommunication」と連投してフロアを狂騒状態へと導いた。

アルカラは稲村太佑(G, Vo)が「HERE、10周年おめでとう! 我々は今日、ハイテンションにノンストップでいきます!」と宣言。「交差点」でフロアのシンガロングを誘い、「夢見る少女でいたい。」「半径30cmの中を知らない」を畳みかけて場内のボルテージを引き上げていく。ライブ中盤には6月13日リリースのcinema staffとのスプリットCD「undivided E.P.」の収録曲「サースティサースティサースティガール」を披露。テンポチェンジを含む構成のダンサブルなナンバーでフロアを踊らせた。ノンストップでバンドの演奏が続く中、稲村は「今世でHEREに出会えてよかった。これからも腐れ縁で10年20年30年40年50年60年、来世でも“来来来世”でも仲良く」と早口でまくし立て、「さすらい」をラストに叩き込んだ。去り際には稲村が9mm菅原がライブ後に行う挨拶をまねてポーズを取っていると、菅原本人がステージ横からひょっこりと顔を出し、2人で並んでお辞儀をしてステージを去っていった。

転換中にはサブステージで流れ星が、HEREの武田、三橋隼人(G)らを迎えてトークを行った。この中で武田は私立恵比寿中学の握手会に個人的に参加したことや真山りか推しであること、三橋は「エビ中は知れば知るほど箱推しになる」といったことを話し、エビ中にまつわる話題がトークのメインとなった。また流れ星はヒャダインこと前山田健一が作曲を手がけた自身の楽曲「岐阜ミーチャンス」を歌う場面もあり、観客を大いに楽しませた。

この日の出演者で唯一のアイドルグループとなった私立恵比寿中学は、挨拶代わりの「ebiture」に乗せてステージに登場し、1曲目にロカビリーテイストのサマーチューン「夏だぜジョニー」を歌唱。フロアにはカラフルなサイリウムがきらめき、「オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~」では盛大なファンのコールが響き渡った。MCでは次に披露する新曲「でかどんでん」について、安本彩花が「振り付けがとっても簡単なので皆さんで踊りましょう!」とサビの振りを指南してから同曲を披露。グルーヴィなトラックにあわせて、キレのあるダンスと力強いフロウを繰り出して観客を魅了した。6人はHERE三橋のお気に入り曲である「ちちんぷい」、大量のポケットティッシュを投げ込んだ「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」のあと、ラストに疾走感のあるアッパーチューン「HOT UP!!!」をパフォーマンス。メンバーはヘッドバンギングを見せたり、柏木ひなたが「HERE、10周年おめでとう!」と叫んだり、ロックファンをも巻き込んで会場を熱く盛り上げた。

流れ星とエビ中によるトーク、流れ星のコントを経て、いよいよこの日の主役であるHEREのライブがスタート。軽快なバンドサウンドの「チャンチャンチャンスDEダンダンダンス」で尾形回帰(Vo)が大振りな動きでステージを闊歩しながら拳を突き上げ、続く「はっきよい」ではサポートメンバーのハジメタル(Key)がキーボードの上に立ったり、ステージを疾走したりとエネルギッシュなステージが展開された。尾形はHEREとして「ロック現場主義!! HERE史上最大規模フリーワンマンLIVE開催プロジェクト」と銘打ったクラウドファンディングを展開していることに触れ、フリーライブを9月4日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催することを発表。歓声に沸く中、彼は「喜ぶのはまだ早い、クラウドファンディングはまだ成功していない!」「みんなは1人あたり6人連れて来てくれ! これはロックンロールノルマだ」と来場を呼びかけた。

MCのあと、9mm菅原をゲストに招いて「感情超常現象」を披露したHERE。その後、菅原と入れ替わるようにバイオリニストとしてアルカラ稲村、ボーカリストとしてエビ中真山を迎え入れ、「アモーレアモーレ」の演奏をスタートさせた。稲村はバイオリンを弾きながらステージを自由に動き回り、尾形と真山は情熱的なデュエットを聞かせた。テンションの高まった尾形はフロアタムを肩に担ぎ、アルカラの疋田武史(Dr)や9mmのかみじょうちひろ(Dr)にタムを叩かせたり、フロアに身を乗り出して、オーディエンスの上に立ったりと破天荒なパフォーマンスを繰り広げた。尾形がエビ中に提供したナンバー「春休みモラトリアム中学生」の演奏が始まると、ステージにエビ中メンバーが全員集合。真山が武田の肩に手を置くと、“真山推し“の武田がギターを弾きながらも照れた表情を浮かべるといった場面もありつつ、華やかなステージが展開された。

ライブ終盤、「こんな素晴らしい夜があるから、なかなかロックバンドを辞められない。ロックスターについて来てください」と尾形が語ったあと、HEREはハッピーなムードの「LET'S GO CRAZY」、グラマラスなロックチューン「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」をプレイし、ラストに「己 STAND UP」を投下。フロアに大きな風船がいくつも飛び交う中、尾形がギターソロを弾く三橋にジャイアントスイングをするなど、圧巻のパフォーマンスでオーディエンスを熱狂させた。終演後、この日の出演者がステージへと上がり、「YOU GOT 超 HIGH TENSION」のコール&レスポンスで大団円を迎えた。

なおHEREのクラウドファンディングプロジェクト「ロック現場主義!! HERE史上最大規模フリーワンマンLIVE開催プロジェクト」では、5月26日23:59まで支援を募っている。詳細はCAMP FIREのプロジェクトページで確認を。

「ハイテンションフェス2018」2018年5月15日 東京都 TSUTAYA O-EAST セットリスト

9mm Parabellum Bullet

01. ロング・グッドバイ
02. Cold Edge
03. 反逆のマーチ
04. Black Market Blues
05. ハートに火をつけて
06. The Revolutionary
07. Discommunication

アルカラ

01. 交差点
02. 夢見る少女でいたい。
03. 半径30cmの中を知らない
04. +.-
05. サースティサースティサースティガール
06. 水曜日のマネキンは笑う
07. サイケデリンジャー2
08. さすらい

私立恵比寿中学

01. 夏だぜジョニー
02. オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~
03. でかどんでん
04. ちちんぷい
05. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
06. Go! Go! Here We Go! ロック・リー
07. HOT UP!!!

HERE

01. チャンチャンチャンスDEダンダンダンス
02. はっきよい
03. 土壇場READY GO
04. ギラギラBODY&SOUL
05. スーパーポジティブ
06. 感情超常現象
07. アモーレアモーレ
08. 春休みモラトリアム中学生
09. LET'S GO CRAZY
10. 死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
11. 己 STAND UP

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL