チャラン・ポ・ランタン、“紙”テーマの姉妹劇場で新曲たっぷり披露

チャラン・ポ・ランタン、“紙”テーマの姉妹劇場で新曲たっぷり披露

チャラン・ポ・ランタン

チャラン・ポ・ランタンが7月29日に大阪・大阪市中央公会堂にて全国ツアー「チャラン・ポ・ランタン ホールツアー2018 “唄とアコーディオンの姉妹劇場 ~ページをめくって~”」の最終公演を行った。

6月にスタートした今回のツアーでもも(Vo)と小春(Accordion)は、2人だけで全国12公演を実施。ライブはページをめくる“紙”をテーマを展開され、手作りのステージセットや衣装には真っ白な紙が使用された。ライブ本編で2人は「春のあお」や6月にリリースされた新曲「ページをめくって」など新曲を多数パフォーマンスし、オーディエンスを魅了した。また自分たちの歴史を感じてもらえるよう過去の楽曲を披露しつつ、2人は曲と曲の間で地面に撒かれた紙を拾い、物語の一節を朗読していく。本編最後には途中途中で読み上げていた物語が歌詞になった未発表の新曲「あの丘の向こう」を演奏してみせ、観客を感嘆させた。

アンコールでは「小学館の図鑑NEO」テレビCMソングとしてオンエア中の新曲「ガリレオ」、チャラン・ポ・ランタンの代表曲「進め、たまに逃げても」「ムスタファ」をプレイ。そして「最後の晩餐」で2人だけのツアーに幕を下ろした。

なおチャラン・ポ・ランタンは、11月23日に東京・NHKホールにて活動10周年に突入することを記念したライブ「10周年目突入記念公演“大拍乱会”」を開催する。こちらのチケットは9月23日に一般発売開始。

チャラン・ポ・ランタン「10周年目突入記念公演“大拍乱会”」

2018年11月23日(金・祝)東京都 NHKホール

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL