Nothing's Carved In Stone、10年の軌跡を奏でた初武道館ワンマン

Nothing's Carved In Stone、10年の軌跡を奏でた初武道館ワンマン

Nothing's Carved In Stone「Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN」の様子。(Photo by Yoshika Horita)

Nothing's Carved In Stoneが10月7日に初の東京・日本武道館ワンマンライブを行った。

ライブは、バンドが2008年の始動から10年の節目を迎えたことを記念して企画されたもの。チケットは完売し、2階席まで観客が埋め尽くす中でライブは開演時間を迎えた。スクリーンに映し出されていたカウントダウンの表示が「0:00」になった瞬間に客電が消え、「Are You Ready?」の文字が浮かび上がる。続いて4人がゆっくり、堂々とした足取りで登場。準備を終えるとメンバーは大喜多崇規(Dr)を中心に向かい合い、1stアルバム「PARALLEL LIVES」のオープニングナンバー「Isolation」を爆音で鳴らす。沸き立つ観客に向かって村松拓(Vo, G)は「よく来たね、野郎ども!」と叫び、生形真一(G)、日向秀和(B)、大喜多は骨太かつ盤石なアンサンブルをストイックに紡いだ。

武道館の大舞台であっても、4人はどこかリラックスした調子。生形の鋭く小気味のいいカッティングが炸裂する「Spirit Inspiration」、日向がダンサブルなグルーヴを紡ぎ出す「Like a Shooting Star」とアッパーなナンバーを連投したのちに、火柱を交えた演出と共に「You're in Motion」を豪快にパフォーマンスした。村松と生形が間奏で向かい合ってギターを鳴らした「Brotherhood」を経て、村松は自分たちを信じ続けて音楽を作り続けてきた結果が、武道館のステージと自分たちと同じ感性を持つ観客たちにあると明言。4人は汗を滴らせながら、自分たちのキャリアの礎を築いてきた楽曲を惜しみなく届けた。レーザーが飛び交う中でプレイされた「In Future」では、村松のリバーブがかかった歌声がスケール感のある景色を描き出し、「Directions We Know」では大喜多の刻む複雑なリズムを軸に楽曲が多様に変化していく。メンバーのストイックなまでのプレイにオーディエンスは熱狂し、曲が終わるごとに大きな拍手と歓声を4人に浴びせた。

村松は「あの……いつも通りのライブをしようと思ってここに臨んでますけど、なんだろうね、この気持ちは」と武道館のステージに立っている感慨を口にし、「すごい愛みたいなものを今日は感じさせてもらってます」とファンへの思いを明かした。その後のブロックで4人は、タイトル通りの赤い照明と、村松の情感のこもった歌声が印象的な「Red Light」や、アコースティックギターの調べと温かな歌詞が溶け合う「青の雫」といった穏やかな曲と、攻撃性全開の「Damage」や「Gravity」を挟みつつプレイ。緩急を付けた流れでライブの中盤戦を彩った。

「Mirror Ocean」を皮切りにライブが後半戦に突入すると、4人はギアをトップに入れ、次々と曲を畳みかけていく。村松は「好きに楽しんでくれ!」「武道館に立ちたかったんじゃない。武道館にみんなを集めたかったんだ」と叫び、自らもジャンプをしたり、ステージを縦横無尽に歩き回ったり、曲の間奏で日向との絡みを見せたりとサウンドに合わせて動いてみせる。会場の熱気が十二分に高まり、本編が終盤に差しかかったとき、彼は「1つだけ約束してほしい。今夜だけは最高の夜にしようぜ」と宣言しキラーチューン「Out of Control」へとつなげる。そんな言葉からステージに設営されたのLEDスクリーンに4人がうれしそうにパフォーマンスをする姿が映し出され、オーディエンスはその表情に誘われるように歓喜の声を上げ、笑顔を弾けさせた。

「10年やってこれたのはみんなのおかげ。ただ俺たちがステージで笑っていられるのは、なんでか。必要なものが1つだけある。それはお前らの笑顔だよ。誰も置いていきたくない、ちゃんとついて来いよ!」と村松が叫んだことを機に、「きらめきの花」がスタート。サビで観客は左右に手を振り、壮観な景色を武道館に作り出す。強固な一体感に包まれて、ライブ本編はクライマックスへ。「最高の景色をありがとう。10周年にふさわしい、始まりの歌をやって終わります」という言葉を呼び水に「November 15th」がスタートし、4人は引き締まった表情で自分たちの代表曲を力強く奏でた。

アンコールは深淵な「シナプスの砂浜」で幕を開け、ライブの定番曲「Shimmer Song」に続く流れに。「Shimmer Song」では村松と生形が歌詞の1節である「夢見て傷ついて でも前を見る」「そこに情熱を築いていて」といった10年間抱き続けてきたような思いを全力で歌い上げ、会場全体を優しく力強く包み込んでいった。「10周年をきっかけにして2年から3年、突っ走っていくことにしました」と村松が宣言したことを機に、大喜多、日向、生形がMCを実施。叫びすぎて声が枯れてしまった生形は「また、次はライブハウスで。ありがとね」とファンとの再会を誓う。そして「これから長い長いバンドになると思ってます。これからもついてきてください」という村松の言葉から、「Around the Clock」が響き始める。最後に4人はライブのオープニングと同じように向かい合い、アイコンタクトを取りながら音を重ねた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Nothing's Carved In Stone「Nothing's Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN」2018年10月7日 日本武道館 セットリスト

01. Isolation
02. Spirit Inspiration
03. Like a Shooting Star
04. You're in Motion
05. Brotherhood
06. The Poison Bloom
07. In Future
08. Directions We Know
09. Midnight Train
10. 村雨の中で
11. Red Light
12. Damage
13. Gravity
14. 青の雫
15. Mirror Ocean
16. Bog
17. Milestone
18. Rendaman
19. 白昼
20. Out of Control
21. きらめきの花
22. November 15th
<アンコール>
23. シナプスの砂浜
24. Shimmer Song
25. Around the Clock

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL