八木将康がCRAZY四角形として歌手デビュー、三代目JSB登坂&ELLYがプロデュース

八木将康がCRAZY四角形として歌手デビュー、三代目JSB登坂&ELLYがプロデュース

CRAZY四角形こと八木将康。

劇団EXILE所属の俳優で、EXILE SHOKICHI(EXILE、EXILE THE SECOND)の弟である八木将康が、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣とELLYプロデュースのもと、“CRAZY四角形”として10月19日に歌手デビューすることがわかった。

もともと歌手志望で、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂や今市隆二を輩出したオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」をきっかけに芸能界入りした八木。現在は俳優として活動しているが、昨年10月にEXILE TAKAHIROのファンクラブイベントを訪れた際に、TAKAHIRO本人に促され、ステージ上でEXILE「運命のヒト」を熱唱し、そのときの感動が忘れられず歌手活動への夢が沸々と蘇っていったという。

そんな八木の歌手デビューは、動画配信アプリLDH TV企画から始まった。以前、登坂とELLYにInstagramをプロデュースしてもらったことに味をしめた八木はLDH TVの企画に便乗し、歌手デビューのプロデュースを2人にオファー。登坂とELLYは困惑しながらも、その熱量に押されてオファーを引き受け、八木はプロジェクト「SUPER STAR PROJECT」を経て念願の歌手デビューを果たすこととなった。

八木のデビュー曲「WANAWANA」はLDHのヒットメーカーであるZEROとLucas Valentineが制作を担当。マスタリングはAfrojackやビョーク、PKCZなどの作品で知られるWIRED MASTERSのCass Irvineが手がけ、「パリピから子供まで」を飲み込む最強のパーティチューンに仕上がった。

また「WANAWANA」が配信チャートなど「何かしらで1位」を獲得した暁には、現在開催中の登坂のソロツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 "FULL MOON"」のステージで八木がCRAZY四角形としてパフォーマンスを行うことが決定した。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL