Aimerが劇場版「Fate/stay night」主題歌続投、プロデュースは梶浦由記

Aimerが劇場版「Fate/stay night」主題歌続投、プロデュースは梶浦由記

2019年1月12日に全国公開される劇場版アニメ「Fate/stay night [Heaven's Feel] II.lost butterfly」の主題歌をAimerが担当する。

これは、本日10月31日に千葉・市川市文化会館で行われた全国ツアー「Aimer Hall Tour 18/19 "soleil et pluie"」初日公演の中で発表されたもの。Aimerは「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」の主題歌として「花の唄」を歌唱しており、今回の新曲では「花の唄」と同じく映画の劇伴音楽を担当する梶浦由記が再び楽曲提供・プロデュースを手がける。Aimerは「Fate/stay night [Heaven's Feel]」とのタイアップについて「わたし自身強く惹かれるこの[Heaven's Feel]の世界に心からの敬意を込めて、自分にしか表現できないもの、自分だから表現できるものすべて、歌に籠めたいです」とコメントしている。

また本日のライブでは1月9日にニューシングル(タイトル未定)がリリースされることもアナウンスされた。こちらの詳細は、後日Aimerのオフィシャルサイトなどで告知される。

Aimer コメント

第一章に続いてまたこの作品に関われること、大好きな「花の唄」に次いでまた梶浦さんの曲を歌えること、表現者としてとても嬉しく、感謝すると共に、重責も感じています。わたし自身強く惹かれるこの[Heaven’s Feel]の世界に心からの敬意を込めて、自分にしか表現できないもの、自分だから表現できるものすべて、歌に籠めたいです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL