GLIM SPANKYとTempalayがZeppで激突、旧友との初競演に歓喜

GLIM SPANKYとTempalayがZeppで激突、旧友との初競演に歓喜

GLIM SPANKY

GLIM SPANKYとTempalayのツーマンライブ「GLIM SPANKY×Tempalay presented by WOWOW LIVE TIPS」が、11月13日に東京・Zepp Tokyoにて開催された。

「LIVE TIPS」はWOWOWが次世代の音楽シーンを担うアーティストにスポットを当てたオリジナルライブを主催し、その模様を番組化する企画。今回は古くから互いを知るというGLIM SPANKYとTempalayによる初ツーマンライブが実現した。Tempalayはステージを覆う紗幕にサイケデリックな映像を投影しながら、最新ミニアルバム「なんて素晴らしき世界」より「誕生」「素晴らしき世界」と2曲連続で披露し、ライブのオープニングを色彩豊かに彩る。怒涛の展開を見せる「新世代」で勢い付いた彼らは、小原綾斗(G, Vo)のエッジィなギターリフが響く「SONIC WAVE」、エネルギッシュなプレイで魅せる「ZOMBIE-SONG」、AAAMYYY(Cho, Syn)のラップが印象的な「テレパシー」などを熱演した。

藤本夏樹(Dr)が力強くリズムを刻んだ「Austin Town」が終わると、小原は「一見違うように見えて根底にあるサイケデリズムは似ているから素晴らしい夜にきっとなる」とGLIM SPANKYとの競演を喜ぶ。そしてTempalayのルーツであるUnknown Mortal Orchestraの「Stage or Screen」をカバーしたあと、ドリーミーな「どうしよう」をプレイ。「革命前夜」でアグレッシヴなパフォーマンスを繰り広げ、最後は「Last Dance」で締めくくった。

GLIM SPANKYは「BIZARRE CARNIVAL」で演奏を開始。さっそく亀本寛貴(G)はギターを高らかに鳴らし、会場を熱狂させる。亀本と松尾レミ(Vo, G)がギターの音を重ねて始まった「ダミーロックとブルース」ではヘヴィなサウンドに合わせて観客が拳を突き上げ、続く「闇に目を凝らせば」ではスモークが立ち込めるステージに映像が投影され、視覚的な演出でも見せた。松尾がTempalayメンバーと古くから親交があることを語ったあと、バンドは「ハートが冷める前に」を熱演。代表曲の1つである「褒めろよ」では「オイ! オイ!」という掛け声がフロアから上がった。

11月21日にリリースするニューアルバム「LOOKING FOR THE MAGIC」のリード曲「TV Show」をパワフルに演奏したGLIM SPANKYは爽快感のある「怒りをくれよ」などを届け、会場を盛り上げていく。松尾はアメリカ・ロサンゼルスでレコーディングした「LOOKING FOR THE MAGIC」について「音楽が最高なのは大前提で、アートワークやファッションも含めてロックだと思っていて。今回のアルバムにはZINEも付いていて、そういうカルチャーも含めてロックを楽しんでもらえたら」と話したあと、人気曲「大人になったら」を披露。最後に「アイスタンドアローン」を堂々と演奏して、ステージを去った。アンコールを求める声に応えて再び登場したGLIM SPANKYは「愚か者たち」を熱演し、イベントの幕を下ろした。GLIM SPANKYのパフォーマンスシーンは2019年1月に、Tempalayのステージは2019年2月にWOWOWで放送される予定なので、ファンは楽しみにしておこう。

「GLIM SPANKY×Tempalay presented by WOWOW LIVE TIPS」2018年11月14日 Zepp Tokyo セットリスト

Tempalay

01. 誕生
02. 素晴らしき世界
03. 新世代
04. SONIC WAVE
05. ZOMBIE-SONG
06. テレパシー
07. TIME MACHINE
08. Festival
09. カンガルーも考えている
10. Austin Town
11. Stage or Screen(Unknown Mortal Orchestra カバー)
12. どうしよう
13. 革命前夜
14. Last Dance

GLIM SPANKY

01. BIZARRE CARNIVAL
02. The Trip
03. ダミーロックとブルース
04. 闇に目を凝らせば
05. ハートが冷める前に
06. いざメキシコへ
07. 褒めろよ
08. TV Show
09. END ROLL
10. 怒りをくれよ
11. The Flowers
12. In the air
13. 大人になったら
14. アイスタンドアローン
<アンコール>
15. 愚か者たち

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL