「徹子の部屋」に西城秀樹の妻が出演、生前の壮絶な闘病生活を明かす

「徹子の部屋」に西城秀樹の妻が出演、生前の壮絶な闘病生活を明かす

木本美紀氏

12月4日(火)12:00からテレビ朝日系で放送される「徹子の部屋」に、今年5月に急性心不全で亡くなった西城秀樹の妻、木本美紀氏が出演する。

これまで西城が脳梗塞を発症したと報じられたのは2003年と2011年の2回だったが、実は最初に発症したのは木本氏と結婚した2001年で、ちょうど長女を身ごもっていた時期だったという。西城が体調の変化と闘いながらも喜んでいたのは3人の子どもの誕生。特に長女が誕生し、47歳で初めて父親になったときは別格だったと、木本氏は当時の様子を語る。

番組では、結婚生活の大部分で西城を介護してきた木本氏が、常に目標を高く掲げて壮絶なリハビリを続けていた西城の闘病生活について明かす。

テレビ朝日系「徹子の部屋」

2018年12月4日(火)12:00~12:30

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL