赤い公園・石野理子主演映画を「ちば映画祭」で上映

赤い公園・石野理子主演映画を「ちば映画祭」で上映

「ファーストアルバム」ビジュアル (c)2016「ファーストアルバム」製作委員会

石野理子(赤い公園、ex. アイドルネッサンス)が主演を務めた映画「ファーストアルバム」が、3月29~31日に千葉・千葉市生涯学習センター ホールにて開催される映画祭「第10回ちば映画祭」にて上映される。

「ファーストアルバム」は広島ホームテレビと広島観光コンベンションビューローが吉本興業とタッグを組み、広島の魅力を全国に発信するシティセールスの一環で製作した“地域発信型映画”。自分の居場所を見つけられない主人公・桜木樹があることをきっかけに自分の心や家族、そして自身の暮らす広島の街と向き合う姿が描かれる。本作はアイドルネッサンスのミュージックビデオ作品も手がけた頃安祐良が監督を務めた。

「ちば映画祭」は千葉初上映の作品や若手監督の作品にスポットを当てた映画祭で、「ファーストアルバム」は本映画祭の最終日31日に「やす焦がし」との2本立てで上映される。そのほかのラインナップはオフィシャルサイトにて確認を。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL