音楽メディアのスタッフが作る、2018年のプレイリスト Vol.5 「TRASH-UP!!」「MUSIC MAGAZINE」「Musicman-net」編

音楽メディアのスタッフが作る、2018年のプレイリスト Vol.5 「TRASH-UP!!」「MUSIC MAGAZINE」「Musicman-net」編

2019年を迎えたのに合わせて、音楽ナタリーは“2018年の音楽”を振り返る全6回の企画を毎日更新でお届けする。この企画は、さまざまなメディアで活躍する記者や編集者、番組スタッフなどに2018年の日本の音楽シーンを振り返ってもらい、プレイリストを制作してもらうという趣旨のもの。今回は「TRASH-UP!!」編集長の屑山屑男氏、「MUSIC MAGAZINE」編集部の矢川俊介氏、Musicman-net編集部の長縄健志氏にプレイリストを作っていただいた。

「TRASH-UP!!」編集長
屑山屑男

屑山屑男のプレイリスト(曲名 / アーティスト名)

01. ピュアな不純 / すばらしか
02. 夜明け / 本日休演
03. かみさま / 坂口恭平
04. やられちゃったおじさん / パラダイス・ガラージ
05. 超冗談だから / 近田春夫
06. 坂道 / 折坂悠太
07. 精神 / どついたるねん
08. 可能性 / SAKA-SAMA
09. ワールドワイドハピネス / 代代代
10. ねこふんじゃった / テンテンコ
11. Siesta / Lucie,Too
12. 花の世紀 / 曽我部恵一

自分の生活の中に音楽を求めた1年

2018年は、雑誌「TRASH-UP!!」はお休みして、SAKA-SAMAというアイドルグループのプロデュースに専念していました。しかし、雑誌をやっていたとき以上に音楽を聴きたい欲望は大きくなり、個人的には自分の生活の中に音楽を求めた1年でした。そのSAKA-SAMAですが、1stアルバムを今年リリースしまして、雑誌「TRASH-UP!!」で知り合った人たちに協力して作り上げたようなアルバムなので、雑誌の一部とも言えると思っています。

TRASH-UP!!

トラッシュ・アップが2009年より発行しているカルチャー誌。同社では単行本の出版、イベントの企画・運営やアイドルグループのマネージメントなども行っている。

TRASH-UP!!

MUSIC MAGAZINE編集部
矢川俊介

矢川俊介のプレイリスト(曲名 / アーティスト名)

01. Dear Brian / hajimepop
02. 薔薇と野獣(new ver.) / 細野晴臣
03. inspired by MMHK / 田中ヤコブ
04. Shore / Okada Takuro
05. デカダンユートピア / 網守将平
06. 蜃気楼 [TNB×mitsume] / ザ・なつやすみバンド
07. ナイトほ~ク / NRQ
08. 白い丘 / 冬にわかれて
09. いい人どまりの俺と僕 / すばらしか
10. Sunshine / marucoporoporo
11. 死神 / 大森靖子
12. きみはうつくしい / 七尾旅人

音楽自体は面白くなる一方

ほかにもSTUTS、折坂悠太、浜田真理子、cero、EVISBEATS、本日休演など、よく聴いた邦楽はたくさんあったが、「MUSIC MAGAZINE」1月号のベスト・アルバム2018に選ばれたもの以外から選出した。

たまたま紹介していただいたhajimepopはポップミュージックの果汁が滴る2018年のうれしい発見。田中ヤコブや網守将平、marucoporoporoといった新しい才能とも出会えた。

また、ツチヤニボンド、福岡史朗、蠣崎未来、KEEPON、滝沢朋恵など、Apple Musicにないものを落としていく作業が一番つらく、この先ストリーミングサービスに上がってないものは、この世にない音楽とされていくのかもしれない未来を思った。

とはいえ、環境に関わらず、音楽自体は面白くなる一方なので、2019年も精一杯、音楽生活を楽しみたい。

MUSIC MAGAZINE

“音楽を通して世界を見つめる確かな視点”をコンセプトに、ミュージック・マガジンが1969年より発行している音楽誌。音楽の歴史や背景を踏まえた上で時代の先端を分析・紹介する特集や、インタビュー、音楽評論、作品レビュー記事などを掲載している。

MUSIC MAGAZINE

Musicman-net編集部
長縄健志

長縄健志のプレイリスト(曲名 / アーティスト名)

01. アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先) / 小沢健二
02. 時間がない / KIRINJI
03. Poly Life Multi Soul / cero
04. Passionfruit(Recorded at Spotify Studios NYC) / Cornelius
05. Shore / Okada Takuro
06. 超冗談だから / 近田春夫
07. 薔薇と野獣(new ver.) / 細野晴臣
08. きみはうつくしい / 七尾旅人

奥に力強さを感じるメロウな曲が心に響いた1年

2018年、心がザワつかされたり、考えさせられたり、元気付けられたりした曲たちを、あまり深く考えずに選んでみました。発売順。パッと聴き、耳障りのよいメロウな印象の曲が多い気もしますが、その奥に力強さやタフさを感じます。そういった曲が心に響く1年だったかもしれません。2019年がよりいい年になりますように。

Musicman-net

1999年にスタートした“音楽に関わるあらゆる人が訪れる”というコンセプトの音楽情報サイト。コンテンツとして、音楽・エンタメに関わるニュース記事、インタビュー記事、求人情報、不動産情報などを掲載している。

Musicman-net

編集・構成 / 酒匂里奈(音楽ナタリー編集部)

JOYSOUND.com

「すばらしか」のカラオケ・歌詞などを検索!

「本日休演」のカラオケ・歌詞などを検索!

「坂口恭平」のカラオケ・歌詞などを検索!

「近田春夫」のカラオケ・歌詞などを検索!

「折坂悠太」のカラオケ・歌詞などを検索!

「どついたるねん」のカラオケ・歌詞などを検索!

「代代代」のカラオケ・歌詞などを検索!

「テンテンコ」のカラオケ・歌詞などを検索!

「Lucie,Too」のカラオケ・歌詞などを検索!

「曽我部恵一」のカラオケ・歌詞などを検索!

「SAKA-SAMA」のカラオケ・歌詞などを検索!

「細野晴臣」のカラオケ・歌詞などを検索!

「ザ・なつやすみバンド」のカラオケ・歌詞などを検索!

「NRQ」のカラオケ・歌詞などを検索!

「大森靖子」のカラオケ・歌詞などを検索!

「七尾旅人」のカラオケ・歌詞などを検索!

「STUTS」のカラオケ・歌詞などを検索!

「小沢健二」のカラオケ・歌詞などを検索!

「KIRINJI」のカラオケ・歌詞などを検索!

「cero」のカラオケ・歌詞などを検索!

「Cornelius」のカラオケ・歌詞などを検索!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL