のん“ベビーフェイス”ライブ!、WWW Xで700人を魅了

のん“ベビーフェイス”ライブ!、WWW Xで700人を魅了

のん(撮影:南賢太郎)

のんが6月16日にワンマンライブ「のん“ベビーフェイス”ライブ!」を東京・WWW Xで開催した。

この公演は、彼女が6月12日に発表した1stミニアルバム「ベビーフェイス」のリリースを記念して実施されたもの。のんは、岩崎なおみ(B, Cho)、ひぐちけい(G, Cho)、若森さちこ(Dr, Cho)、はらかなこ(Key, Cho)の4名によるバンド“のんシガレッツ”を従えライブを行った。なおこの日のライブはチケットがソールドアウトし、会場には約700人のファンが詰めかけた。

定刻になると、ステージ上に設置された白幕にミニアルバムのレコーディングの様子を撮影した映像が流れたのち、「ベビーフェイス」のジャケットで使用されたティアラを身に付け、スカイブルーのストラトキャスターを抱えたのんがバンドメンバーと共にステージに登場。「やまないガール」でライブをスタートさせると「やまないガール、やまないボーイのみんな、ベビーフェイスライブ一緒に楽しみましょう!」と観客を煽り、ミニアルバムから自身が作詞作曲を担当した「モヤモヤ」「憧れて」「蒼い灼熱」や、元GO!GO!7188のノマアキコとユウが手がけた「涙の味、苦い味」などを披露した。

MCでは、中学時代にGO!GO!7188のコピーバンドを組んでいたことや、そのバンドのラストライブのアンコールで演奏して失敗した曲などについて語り、「今日は、そのアンコールで演奏した曲をリベンジでやります!」と「雨上がり アスファルト 新しい靴で」のカバーを歌い上げる。演奏を終えると「リベンジ成功だ!」と満足そうな表情を浮かべた。終盤には、「1stアルバムにもベビーフェイスな曲あります! ベビーな気持ちで聴いてください!」と話し、矢野顕子が書き下ろした「わたしはベイベー」や、高野寛の「スーパーヒーローになりたい」、真島昌利の「さぁいこう」、Sachiko Mと大友良英による「RUN!!!」など自身が尊敬するアーティストたちが手がけた楽曲を歌い上げ会場を大いに沸かせた。

アンコールでは、のんが「アンコール曲を用意してない」と告白。急遽、観客からリクエストを募ることになり「やまないガール」をもう一度演奏した彼女は「じゃあねまたね!」と集まった観客に大きく手を振り名残惜しそうにステージを去った。

「のん“ベビーフェイス”ライブ!」2019年6月16日 WWW X セットリスト

01. やまないガール
02. モヤモヤ
03. 憧れて
04. 蒼い灼熱
05. 涙の味、苦い味
06. 雨上がり アスファルト 新しい靴で
07. へーんなのっ
08. 正直者はゆく
09. あることないこと
10. わたしはベイベー
11. スーパーヒーローになりたい
12. さぁいこう
13. RUN!!!
<アンコール>
14. やまないガール

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL