ビーサンこと北里彰久、本人名義初MVは現役大学生の青木理紗ディレクション

ビーサンこと北里彰久、本人名義初MVは現役大学生の青木理紗ディレクション

「Tones」MVのワンシーン。

北里彰久(Alfred Beach Sandal)が7月10日にリリースしたアルバム「Tones」から、「子午線」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

楽曲の持つ隙間にある気配や思い出の中にあるムード、温度感を表現したというMVは、現役大学生の映像作家・青木理紗がディレクションを務めた。なおタイトルの「子午線」は地球の赤道に直角に交差するように両極を結ぶ大円を意味しており、楽曲では未来と過去、現在と未来など対極にあるものを結ぶものとして表現されている。

また現在リリースツアーを実施中の北里は、新たに愛知公演の開催とゲストアーティストの追加を発表した。愛知公演は10月5日にLive & Lounge Vioで行われ、ゲストにodd eyesとnutsmanが出演。なおnutsmanは東京公演にもDJとして登場する。

北里彰久“Tones”release tour

2019年9月1日(日)兵庫県 旧グッゲンハイム邸
<出演者>
北里彰久

2019年9月14日(土)東京都 青山CAY
<出演者>
北里彰久
DJ:nutsman

2019年10月5日(土)愛知県 Live & Lounge Vio
<出演者>
北里彰久 / odd eyes
DJ:nutsman

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL