LITTLEら選ぶ“韻”アワードをZORNが受賞「とにかくすごいと思える韻を選んだ」

LITTLEら選ぶ“韻”アワードをZORNが受賞「とにかくすごいと思える韻を選んだ」

左からLITTLE(KICK THE CAN CREW)、ZORN。

KICK THE CAN CREWのLITTLEが主催するイベント「LOVE RHYME AWARD 2019」が2月22日に東京・Red Bull Studios Tokyo Hallで行われた。

「LOVE RHYME AWARD」はLITTLEを含む愛韻家協会がTwitterで公募した韻の中から“勝手に”大賞を選び、賞金を贈るイベント。記念すべき第1回では、ZORNが「一度きりの人生 / 1秒1秒死へ / 日常に忍び音 / 霧も切り通して / 未知の道を行け / 生きろ嬉々として / 日々の意味を知れ / 木々の幹の威厳 / ミリの塵の人間 / 明日のことなんてsiriも知りもしねぇ / でもまた未来は俺等の手の中 / 今動いた嫁のお腹」と畳みかけるようにライミングする楽曲「かんおけ」が選ばれた。LITTLEは受賞作について「とにかくすごいと思える韻を選んだ」とコメントし、当日会場に現れたZORNは「声がかかったのは昨日の夜、連絡をいただいて調整をして今日きました。これからも韻を愛でていきます。韻の固さは誰にも負けないです。聞いてみてもらえるとうれしいです」と語った。

なおイベントの前には、ヒップホップライターの高木“JET”晋一郎、タサツ、Mummy-D(RHYMESTER)をゲストに迎えたトーク番組「愛韻TV」の公開収録が行われた。イベントおよび公開収録の模様はYouTubeで順次配信される。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL