人間椅子、初の海外ツアーで大合唱巻き起こす「夢のような3公演でした」

人間椅子、初の海外ツアーで大合唱巻き起こす「夢のような3公演でした」

人間椅子「NINGEN ISU EU TOUR 2020」ドイツ ボーフム・Zeche Bochum公演より。(撮影:塩見徹)

人間椅子が初の海外ワンマンツアー「NINGEN ISU EU TOUR 2020」でドイツとイギリスを回った。

結成30周年を迎えた人間椅子にとって初となる海外ツアーは、2月19日にドイツ・ベルリン、20日にドイツ・ボーフム、21日にイギリス・ロンドンの2国3都市で行われた。メンバーが英語やドイツ語を交えたMCをする場面もありつつ、落語をモチーフにした「品川心中」では和嶋慎治(G, Vo)が模造紙に手書きした英語訳テロップを広げるなどして現地ファンを喜ばせた。また人間椅子の認知度を高めた楽曲「無情のスキャット」では、フロアから「シャバダバディバアー」と合唱が巻き起こるなど大きな盛り上がりを見せた。YouTubeではロンドン公演より「無情のスキャット」のライブ映像、Spotifyではロンドン公演のセットリストのプレイリストがそれぞれ公開されている。

人間椅子はこのあと3月13日から22日にかけてアメリカ・テキサス州オースティンで開催される世界最大規模のフェス「SXSW」(サウスバイサウスウエスト)に出演。3月末からは国内ワンマンツアーを行う。

和嶋慎治(人間椅子)コメント

夢のような3公演でした。気合いを入れて僕らも演りましたし、それ以上にお客さんの熱気がすごかったです。異国の地で客席から大合唱が起こるなんて、感無量です。大きな一歩を踏み出せたツアーだったように思います。

人間椅子「バンド生活三十年いまだ継続中~人間椅子お礼参りツアー」

2020年3月29日(日)青森県 Mag-net(Mag-Net ファイナルカウントダウン~最終公演~)
2020年3月31日(火)福島県 clubSONICiwaki
2020年4月2日(木)長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
2020年4月4日(土)石川県 金沢GOLD CREEK

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL