sumika「ぐらんぶる」挿入歌も担当!監督の依頼受け新曲書き下ろし

sumika「ぐらんぶる」挿入歌も担当!監督の依頼受け新曲書き下ろし

sumikaが5月29日公開の青春映画「ぐらんぶる」の挿入歌を担当することが発表された。

sumikaが「ぐらんぶる」に主題歌として「絶叫セレナーデ」を提供したことはすでに発表されているが、英勉監督からの依頼で挿入歌も担当することに。この挿入歌は書き下ろしで制作され、「唯風と太陽」というタイトルが付けられた。

「ぐらんぶる」は講談社「good!アフタヌーン」で連載中のマンガの実写化作品。竜星涼と犬飼貴丈がダブル主演を務め、ダイビングサークルを舞台にしたハチャメチャなキャンパスライフが描かれる。「絶叫セレナーデ」を使用した予告映像はYouTubeで公開中。

井上堅二・吉岡公威/講談社 (c)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL