U-zhaan「題名のない音楽会」で尺八演奏家・藤原道山とバッハをセッション

U-zhaan「題名のない音楽会」で尺八演奏家・藤原道山とバッハをセッション

左から藤原道山、U-zhaan。(c)テレビ朝日

U-zhaanが6月13日(土)放送のテレビ朝日系「題名のない音楽会」に出演する。

今回は6人の音楽家が番組限定のデュオを結成し、セッションする企画「一流の音楽家が夢のマッチング ドリーム・デュオ」の第2弾。タブラ奏者のU-zhaan、尺八演奏家の藤原道山、チェンバロ奏者の鈴木優人、マリンバ奏者の塚越慎子、チェリストの岡本侑也、ピアニストの藤田真央が事前アンケートをもとにデュオを組み、ここでしか聴くことができない演奏を披露する。

U-zhaanは初共演の藤原とコラボし、尺八とタブラという異色の組み合わせでバッハの「管弦楽組曲第2番 バディネリ」を披露。また6人全員でザ・ドリフターズの「ドリフの早口ことば」も合奏する。今回のデュオセッションについてU-zhaanは「自分の師匠の師匠であるアラ・ラカと、道山さんの師匠である人間国宝・初代山本邦山が共演したことがある。時代を超えてこうやって弟子同士が共演するというのはうれしい」と語っている。

テレビ朝日系「題名のない音楽会」

2020年6月13日(土)10:00~10:30
<出演者および演奏曲>
鈴木優人(チェンバロ)&塚越慎子(マリンバ)
・クープラン「神秘的なバリケード」
・Emerson, Lake & Palmer「Eruption(噴火)」

藤田真央(ピアノ)&岡本侑也(チェロ)
・ドビュッシー「チェロソナタ 第3楽章」

藤原道山(尺八)&U-zhaan(タブラ)
・バッハ「管弦楽組曲第2番 バディネリ」

鈴木優人(指揮・チェンバロ)、藤原道山(尺八)、U-zhaan(タブラ)、藤田真央(ピアノ)、岡本侑也(チェロ)、塚越慎子(マリンバ)
・ザ・ドリフターズ「ドリフの早口ことば」

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL