LiSA、劇場版「鬼滅の刃」舞台挨拶で感動を熱弁「完全に涙してしまいました」

LiSA、劇場版「鬼滅の刃」舞台挨拶で感動を熱弁「完全に涙してしまいました」

LiSA (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開を記念した舞台挨拶が本日10月17日に東京・東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、今作の主題歌「炎」を歌うLiSAが登壇した。

アニメ「鬼滅の刃」のテレビシリーズに続き、劇場版でも主題歌を担当したLiSA。外崎春雄監督、キャストの花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、日野聡、平川大輔と共に登壇した彼女は、自身も好きなエピソードだという「無限列車編」が映画化されたことについて、「始まった途端に、皆が返ってきた!という感覚になり、ひと泣きしました(笑)。楽しく戦いに向かっているシーンで笑って、最後に向かっていくにつれて、皆さんが魂を吹き込んだキャラクターや素晴らしい映像・BGMに没頭して、完全に涙してしまいました」と感動を熱弁した。

また作曲を務める梶浦由紀と共に歌詞を書いて完成させたという主題歌「炎」については「何度も原作を読み返して、梶浦さんに自分の思いを伝えたりしながら制作させていただきました。実際に観たら、自分が思い描いていた歌詞のフレーズを思い出すシーンがすごく多くて、そこも大切に映像の中に盛り込んでいただけているなと感じて、とてもうれしかったですね」と語った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL