峯田和伸「高雄映画祭」会見に参加、石原さとみの結婚に「1人部屋で泣いています」

峯田和伸「高雄映画祭」会見に参加、石原さとみの結婚に「1人部屋で泣いています」

「高雄映画祭」より、「越年 Lovers」記者会見の様子。

10月17日に、台湾・高雄にて開催中の「高雄映画祭」内で行われた映画「越年 Lovers」記者会見に峯田和伸(銀杏BOYZ)が参加した。

「越年 Lovers」は台湾の映画監督グオ・チェンディが日本、台湾、マレーシアの3つの街での年越しの風景を通じ、素直になれない恋人たちの姿を描いた作品。山形を舞台にした日本パートでは、青年・寛一役を峯田、寛一の初恋相手・蒼役を橋本マナミが担当した。

峯田と橋本は今回の記者会見にリモートで参加。グオ監督や台湾パートのキャストであるオスカー・チュウ、ユー・ペイチェン、ウー・ホンシュウと共に本作について語り合った。「高雄映画祭」には2010年に続き2回目の参加となった峯田は、「越年 Lovers」出演に関して質問されると「やりにくさはなかったです。言葉は通じなくても、気持ちで通じ合えたなと思いました。また監督は僕のやりたいことを全部尊重してくれました」と撮影時を振り返る。また過去にドラマで共演した石原さとみの結婚について尋ねられると、「ニュースで見てびっくりしました。映画で共演した橋本さんといい、お二人には幸せになって欲しいです……僕は1人で部屋で泣いています(笑)」と祝福しつつ、彼らしいコメントで会場を和ませた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL