東京事変、椎名林檎と中学時代から交流のある山口紗弥加が主演務めるドラマに主題歌書き下ろし

東京事変、椎名林檎と中学時代から交流のある山口紗弥加が主演務めるドラマに主題歌書き下ろし

東京事変

11月18日(水)深夜よりテレビ東京で放送される山口紗弥加主演ドラマ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」の主題歌が、東京事変の新曲「命の帳(いのちのとばり)」に決定した。

東京事変がテレビ東京のドラマ主題歌を担当するのは今回が初。放送では「命の帳」を使用した特別なエンドロールが流れる。山口は、このドラマの主題歌が東京事変の新曲に決定したことについて「まさに事変が起きたと思いました(笑)。いつか、主演を務める作品で、中学生時代から交流のある椎名先輩に楽曲を書いていただけたら嬉しいなと密かに思い続けていて、今回それが叶ったので、本当に夢みたいな気持ちです」とコメントしている。なお「命の帳」は11月13日に各サブスクリプションサービスで配信リリースされる。

「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」は幻冬舎、テレビ東京、noteによる「コミックエッセイ大賞」に入賞した松本千秋の同名作品をドラマ化したラブコメディ。山口が演じる38歳でバツイチ独身の主人公・松本チアキが、マッチングアプリで出会った歳下男子たちと遅咲きの青春を謳歌する様子が描かれる。

東京事変 コメント

 この度はたいへん興味深い漫画のドラマ化にあたり主題歌を
ご注文くださりありがとうございます。山口紗弥加氏は生まれ
ながらのコメディエンヌですから、本作でもきっとおかしみを
もたらしてくれるはずだと期待しております。我々は、生きる
うえで必ず一人挑まねばならない難題を抱えています。これを
笑い飛ばして忘れ去らねば立ち行かなくなります。ときとして
己が何を求めているのか、果たしてほんとうにそんな希望など
あるものか、わからなくなります。それでも胸のうちに答えを
用意すべく努めるほかない。生きざまも死にざまも、その人の
その時々のプライオリティの置きざまに過ぎません。なおかつ
昨今溢れる情報に振り回され続ける人類。本作を通じ、多くの
かたがたと、いま何を重んじるべきか語らいを持ちたいです。

 どんなときも愛を込めて。東京事変2020。

山口紗弥加 コメント

東京事変が主題歌を担当することについて

まさに事変が起きたと思いました(笑)。いつか、主演を務める作品で、中学生時代から交流のある椎名先輩に楽曲を書いていただけたら嬉しいなと密かに思い続けていて、今回それが叶ったので、本当に夢みたいな気持ちです。

「命の帳」を聴いた感想

「まさにチアキの曲だ…」と思いました。これ以外考えられない!という気持ちでしたね。チアキという役に対して最後にこの曲が命を吹き込んでくれた、そんな気がしました。毎日がこの曲とともに始まって、この曲で終わる、そんな感じで楽曲を聴きながらチアキになっていったので、チアキの柱であり命の様な楽曲だと感じています。

エンドロールの撮影を終えて

なんとも言えない高揚感がありました。たくさんの視線を感じながらほぼ裸体の様な状態で(笑)。
思わず羞恥心が出てきてしまった瞬間もありましたが、(でもその羞恥心に負けそうになりながらも、)最後のテイクは一切を忘れ、チアキとしてノリノリで男性達に絡んでいる自分がいて(笑)。
楽曲の力を感じましたし、東京事変さん最高!とそんな気持ちで撮影していました。

祖父江里奈プロデューサー コメント

まさか、テレビ東京の深夜ドラマに東京事変が…!?という驚きでいっぱいです。さらにいただいた歌詞がまさにこの作品の世界観そのもので感激です。エンドロール映像は山口紗弥加さんや酒井麻衣監督を始めとしたスタッフ一同、尋常でない気合と熱量をもって撮影させていただきました。是非、全話最後までお楽しみください!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL