加藤シゲアキが新作小説に自信、2020年末は「NEWSにとって大きな区切り」

加藤シゲアキが新作小説に自信、2020年末は「NEWSにとって大きな区切り」

加藤シゲアキ(NEWS)

加藤シゲアキ(NEWS)が新作小説「オルタネート」を11月19日に新潮社より刊行。これを記念して本日11月21日に東京都内でトークイベントを開催した。

「オルタネート」は「小説新潮」2020年1月号から9月号に連載された作品。高校生限定のマッチングアプリ“オルタネート”を巡る3人の高校生の物語が描かれている。トークイベント前には加藤が囲み取材に応じ、本作へのこだわりやNEWSの今年、来年の活動について語った。

小説の執筆のみならず、本作では装丁などにも深く関わり制作していったという加藤。「装丁にはどんなイラストを使うかを相談しつつ、主人公たちを感じるようなところもあったり、想像力をふくらませられるようなところもあって。アプリっぽいアイコンをホログラムで入れようなど、アイデアを出しました。発売に向けてプロモーションビデオを作ったんですが、これは自分で企画書を書いてオファーして。プランナーという形で(単行本化の)プロジェクトに携わりました」と、表紙に浮かぶアプリアイコン風のホログラムやPERIMETRONとのコラボで話題を呼んだPV制作の裏側を明かし、報道陣を驚かせた。

高校生限定のマッチングアプリを題材にするというアイデアは、小山慶一郎と共に出演している番組「NEWSな2人」のマッチングアプリ特集(2019年2月放送)の内容を受けて生まれたそう。このことについて加藤は「マッチングアプリはいろんな意見が生まれる題材だと思ったんです。特に高校生はまだまだ社会が狭いので、趣味が合う人と会いたい、こんな人と付き合いたいみたいな思いが渦巻いていると思いました」とコメントし、「自分にピッタリな人が選べるアプリがあった場合高校生たちはどうなっていくんだろう。主人公3人がそれを通してどう変化していくかが見どころです」と本作の見どころについて語った。

高校生を主人公にしたことについて加藤は「今まで女子高生について描いたことがなかったんです。31歳の頃書き始めた作品なんですが、30代になると高校生の頃の感覚が色あせてくると思ったので今しか書けないと思いチャレンジしました」とコメント。加えて「でも書いているうちに自分の高校時代の記憶を鮮明に思い出したんですよ。高校1年生でNEWSとしてデビューさせていただいたので授業出てすぐに仕事に行くという生活だったんですけど、ある種ここで理想の高校生活を描いた感じもありますね」と自身の理想の高校生活を作品に投影したことを明かした。

本作執筆にあたり行った取材について記者から問われた加藤は「ドラマーの子が出てくるので関ジャニ∞の丸山(隆平)くんに取材したんです。最近ドラムセットを買ったという話を聞いたので。ドラムの音の体への響き方や、チューニングのために来ていた専門家の方の手付きなどを参考にしました」と関ジャニ∞の丸山隆平への取材内容を報道陣に伝える。また丸山は加藤の小説を毎回楽しみにしているそうで、「今回はまだ読んでいないみたいなんですが、プレゼントしようとしても『俺は買う!』と受け取ってくれないので発売したことだけ伝えました。きっとこれから買ってくれると思います」とうれしそうに語った。

また加藤は「オルタネート」の登場人物たちについて「今回は『オルタネート』というアプリとそのアプリをやりたい人、やりたくない人、やりたくてもできない人という3人の主人公の性格だけ決めて書いていったんです。だから結末もわからなくて、それぞれの高校生活を生きるつもりで書いていったので登場人物たちは自分の分身のような感じで。どのキャラクターも愛おしいです。今まで避けてきた恋愛のシーンもあって、そこを書くときは本当に告白するような気持ちというか照れくさかったですね」と語る。またコロナ禍での出版になったことについては「去年の4月から9月にかけて初稿を書いて、連載させてもらう中でコロナ禍になったんです。コロナ禍で描くべき作品なのかどうかを考えて、刊行時期は悩みましたね。でも今年学校に行けなかった子たちがいろんな悩みを抱えたりいつもとは違う学生生活になったりもしたと思う。だからその人たちに改めて学校生活の楽しみ方や学校じゃないところでも生きていける方法を見せたかった。だから今出すべき作品だと思ったんです」と自身の考えを述べた。

今年6月に、手越祐也が脱退し新体制になったNEWSについて話題がおよぶと、加藤は「コロナやメンバーの変動もあり、4部作のライブの最後をどうしようかと考えていたんです。メンバーとスタッフと話し合って、3人でも待ってくれているファンがいるのであれば作ったものを届けようと決めました。昨日も3人でリハーサルをしていましたよ」と12月12、13日に行われる配信ライブ「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」に向けて準備を進めていることを明かす。10月末でジャニーズ事務所を退所した山下智久については「決して楽ではなく厳しい道を本人が選んだと思いますが、それぞれの人生ですし、心から応援しています。僕も小説界に初めて挑戦したときはどうなるかと思ったけれど、真摯に取り組んだ結果で今があります。なので素直に応援しています」とエールを送った。

12月23日にNEWSとして新体制初のシングル「ビューティフル / チンチャうまっか / カナリヤ」をリリースする加藤。「『オルタネート』が小説家人生の中で、今まで以上に力を入れて臨んだ作品。3人のNEWSとして初めてのCDも出ますし、この年末はNEWSにとって大きな区切り。きっとそこで見えてくる2021年は明るいものになるのではとワクワクした気持ちです」とNEWS、そして加藤個人にとって重要な時期を迎えていると語った。

新型コロナウイルスの流行によってライブが中止となり、メンバーの変動もあった2020年の活動について加藤は「一筋縄では行かない年で、自分を見つめ直すいい機会になりました。自分の作品も読み直して、アイドルとして活動ができないことに悔しい思いもあって。悔しいと思うということはやりたいことなんだと感じましたし、当たり前が当たり前じゃなくなったからこそ大事なものがわかった。決して楽ではなかったですけど、これから先が楽しみになりましたね」とコメント。「2020年を漢字1文字で表すなら?」という質問には「『オルタネート』にも『私は私を育てていく』というテーマがあるんですが、そういう意味では『育』かなと。トマトって水をあまりやらないほうが甘くなるんですよ。おいしい水はなかったけれど熟れた甘いトマトになりたい。これから希望に満ちた未来が待っているんじゃないかなと思っています」と答えた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL