三浦春馬主演映画「天外者」完成、弥太郎役の西川貴教「現場の空気が本当によかった」

三浦春馬主演映画「天外者」完成、弥太郎役の西川貴教「現場の空気が本当によかった」

左から三浦翔平、西川貴教。

映画「天外者」の完成披露試写会が本日11月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、西川貴教らが登壇した。

田中光敏が監督を務める「天外者」は幕末から明治初期に活躍し、商都大阪の基礎を築いた実業家・五代友厚の人生を描いた作品。主人公の五代を三浦春馬、五代と親交の深かった三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎を西川が演じる。さらに五代の盟友でもあった坂本龍馬役で三浦翔平、初代内閣総理大臣・伊藤博文役で森永悠希、五代と出会う遊女・はる役で森川葵、五代の妻・豊子役で蓮佛美沙子が出演している。

完成披露試写会には西川のほか、三浦翔平、森永、森川、蓮佛、筒井真理子、田中監督が参加。田中監督は映画館に集まった観客を前にして「感無量ですね。これだけたくさんのお客さんの前で今年上映できるのは、僕にとって夢のような瞬間です」と語った。100年以上前の偉人を演じるうえで苦労した部分について問われると、三浦翔平は「坂本龍馬という役を演じるにあたって、いろんな先輩方が演じた中でどうやったら僕の色が出せるかすごく考えていたんですけど、三浦春馬くんがいたからこそできた龍馬だと思っています」と7月に亡くなった三浦春馬に敬意を表し、西川は「日本を振り返るうえで欠かせない岩崎弥太郎という人物。どちらかというと手段を選ばない非情な部分が描かれていますが、これだけ大きな組織を一代で築くには人間的な魅力があったんじゃないかと思います。愛らしさを表現できればと思いました。あと体重を増やしたのでぽっちゃりでした」と役作りのために体型にも注意を払ったことを明かした。

また撮影中のエピソードとして、西川と三浦翔平はすき焼きを食べるシーンが楽しかったと回想。西川は「春馬もそうですし、現場の空気が本当によかったんですよね。監督をはじめ、スタッフの皆さんの息の合った空気の中で集中できました」と撮影を振り返った。また「五代が今の日本にいたらどんな職に就いてほしいか?」という質問に対しては「俺に聞くの?」と言いつつも、「経産大臣とかになっていただくといい施策とか考えてくれるんじゃないかと」と答えた。また田中監督は「主演の三浦春馬は、本当に素晴らしく最高の芝居をしています。そして時代劇が初めての方もいますが、しっかりと主演を支え、『天外者』という物語を演じ切っている演者の皆さんの素晴らしい演技も見届けてください。12月11日までに周りの方々にお伝えいただければと思います」と話した。

(c)2020「五代友厚」製作委員会

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL