アイナ・ジ・エンド、6年越しに完成した「スイカ」MV公開

アイナ・ジ・エンド、6年越しに完成した「スイカ」MV公開

アイナ・ジ・エンド「スイカ」ミュージックビデオより。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)が2月3日にリリースする1stソロアルバム「THE END」から「スイカ」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「スイカ」はアイナがBiSH加入前に制作し、BiSHオーディションの歌唱審査にてアカペラで歌った楽曲。アイナは「THE END」収録にあたって歌詞に手を加え、サウンドプロデューサーを務める亀田誠治とともに楽曲のアレンジ作業を行った。「スイカ」には自主制作版MVが存在しており、そのMVは2015年2月にアイナの個人アカウントにて公開された。約6年を経て新たに制作されたMVは、BiSHの「オーケストラ」や、アイナのソロ曲「きえないで」のMVを手がけた映像作家・大喜多正毅によるもの。新MVはアイナが歩いてきた道のりを表現するため、「オーケストラ」のMVと同じスタジオで撮影された。もともとこのMVはアルバム発売日の2月3日に公開される予定だったが、映像をいち早くファンに届けるべく、急遽予定を早めて公開された。

なおMV公開と同時に、Apple MusicとiTunes Storeでは「スイカ」の先行配信がスタートした。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)コメント

「スイカ」
この曲を作ったのはBiSHに加入するずっと前で、BiSHのオーディションでも歌った曲でした。
あれから、いろんなことがありました。
葛藤の連続でしたがやっと、感性の死は私の死じゃないし、私の感性も死んでいないと気づけました。

沢山の日々を越えて完成した新しい「スイカ」。あなたが聴いてくれたら嬉しいです。

大喜多正毅監督 コメント

居場所を求めて、長い道のりを旅してきたアイナ。たどり着いた居場所の空は、いつもと変わらず同じように暮れていく。
同じように居場所を探しているが、立ち止まってしまった人の背中をそっと、押してくれる、優しい曲。
長い道のりを思い出しながら撮りたかったので、初めて彼女を撮った同じスタジオで、撮影をしました。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL