松村北斗、同期・七五三掛龍也の得意料理を聞き共通点に気付く

松村北斗、同期・七五三掛龍也の得意料理を聞き共通点に気付く

左から七五三掛龍也(Travis Japan / ジャニーズJr.)、森七菜、松村北斗(SixTONES)、堀田真由。

松村北斗(SixTONES)、七五三掛龍也(Travis Japan / ジャニーズJr.)が本日2月20日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた映画「ライアー×ライアー」の公開記念舞台挨拶に出席した。

「ライアー×ライアー」は金田一蓮十郎の同名マンガを耶雲哉治監督が実写化したラブコメディ。両親の再婚をきっかけに姉弟となった地味な女子大生・高槻湊と女癖の悪いモテ男・透の関係が描かれる。ある日、ギャルメイクの女子高生に変身した湊が、その正体に気付かない透から猛アプローチされたことをきっかけに恋が始まる。主題歌にはSixTONESが歌う最新シングル曲「僕が僕じゃないみたいだ」が使用されている。

本日の舞台挨拶には主演を務める松村と森七菜、キャストの七五三掛と堀田真由、監督の耶雲が登壇。松村は映画を観終わった直後の観客に向け「オチの話ばかりするイベントにしようと思います」とおどけつつ、主題歌「僕が僕じゃないみたいだ」の話題におよぶと、「エンドロールで主題歌が流れて、すごく泣けてくるような、何か込み上げてくるような気持ちになりました。映画館でもう1度観たいです」と感激していた。

舞台挨拶中には透がヤドカリに熱中していることにちなんで、登壇者たちが何か夢中になっているものを発表。松村は「辛いものがめちゃめちゃ好きで、七味唐辛子が10何種類あります」と答え、しばらく辛味調味料について語り続ける。途中で会場の空気を察知したのか、「これつまらないですか?」とトークを止めた彼は「困らせちゃう話なんですよね。面倒くさいんですよ、僕」と自身を省みた。料理にハマっている七五三掛は得意料理について「一番は肉じゃがですね」と答え、「あとはカレーを作ります。うまくできた日は写真をブログに載せますね」と言うと、すかさず松村から「具材一緒じゃない?」とツッコミを入れられた。

登壇者たちが和やかなトークを展開する中、「Mr.ライアーですから」と名乗った松村は「このステージ上に何かが隠されてるんですよ」と七五三掛、森、堀田、耶雲監督を困惑させる。のちにほか4人は、握っているマイクに取り付けられた“マイクフラッグ”をはがし、その裏に松村の直筆メッセージが書かれているのを発見。松村はともに主演を務めた森に向け「撮影中、チームをひっぱってくれてありがとう! 本当に尊敬しています。『ライアー×ライアー』大ヒットさせましょう」、耶雲監督には「撮影中たくさん支えられて、撮ってくれるのが耶雲さんで本当に良かったです。映像の美しさに心からほれぼれしました」と言葉を送った。森演じる湊の親友である野口真樹役の堀田宛には「キャラクターもご本人も本当に頼りになりました! 一緒に作品を作れて本当によかったー! 次はもっと一緒にお芝居しましょう」とメッセージを渡し、撮影現場で「姉さん」と呼んでいたことを明かした。ジャニーズ事務所の同期である七五三掛宛のメッセージには「同期の2人が一緒に作品を作るってこんなに楽しいのかってすっごい思った! この作品は絶対にしめが必要だ!」と書かれており、松村が「同じ日のオーディションで、隣りで踊ってたので特別な思いがありますね」と感慨深げな様子を見せると、七五三掛は「今回の共演はすごく心強かったです」と率直な思いを述べた。4人へのメッセージを紹介したあと、松村は照れ隠しか「(マイクフラッグ)絶対持って帰れよ。玄関に飾れ!」と言い放った。

舞台挨拶の締めくくりには松村が「この作品は嘘をテーマにしているゆえに、純粋なものがフィーチャーされているなと思います。そういう気持ちって実はみんなが求めているものなのかなって。ネタバレはダメですけど、ネタバレふうな興味をそそる投稿をSNSにしてください。人伝いに愛していっていただける作品になればと願います」と映画をアピールした。 

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL