THE RAMPAGEのRIKUが「LIVE YEAH!!!」で清水翔太と熱唱、Reolは陣&与那嶺瑠唯とコラボ

THE RAMPAGEのRIKUが「LIVE YEAH!!!」で清水翔太と熱唱、Reolは陣&与那嶺瑠唯とコラボ

左からRIKU、清水翔太。(Photo by AZUSA TAKADA)

昨日3月4日にオンラインイベント「LIVE YEAH!!!vol.3~みんなで作るサイコーPARTY!!!~」が開催された。

本イベントはチュートリアルとTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの陣、RIKUがVJを務めるスペースシャワーTVの音楽番組「ライブを100倍楽しむLIVE YEAH!!!」から生まれたライブ企画の第3弾。無観客配信のスタイルで行われる今回はTHE RAMPAGE、清水翔太、Reol、チュートリアル、SO-SO/SARUKANIが出演した。ライブはトークブロックをはさみながら進行し、THE RAMPAGEメンバーはほかのアーティストともコラボするなど、通常のライブでは見られないスペシャルな演出、構成で行われた。

開演時刻になると、チュートリアルの福田充徳が1人ステージへ。福田は会場中を見渡しほかのVJメンバーを探す。すると、筋トレに励むRIKUや舞台監督とギリギリまで打ち合わせをしている陣を発見。2人をステージに呼び込んだあと、相方の徳井義実を探し始める。するとフロアにゴソゴソと動くテントを発見。中から「うるさいな! くつろいでんねん!」と本イベントで“キャンプ”を担当する徳井が現れ、ステージにVJ4人がそろった。

VJ4人によるにぎやかなオープニングトークが終わり、登場したトップバッターのReolは2人のバックダンサーを従え、代表曲の1つ「HYPE MODE」でライブをスタート。続く「十中八九」ではパワフルなビートにノリながらきれいなファルセットを響かせる。「アゲアゲなセットリストを組みました」と宣言したReolは「平面鏡」「金字塔」をパワフルに熱唱。ボートレースのCMソングとしておなじみの「第六感」では、THE RAMPAGEの陣と与那嶺瑠唯が合流し、得意のポッピンダンスでReolのステージに華を添えた。

続いて登場したのはチュートリアル、陣、RIKUの番組VJチーム“ランペリアル”。4人はトークに続いて、家電量販店を舞台にしたネタを披露することに。ロボットを探しに家電量販店に訪れた福田とRIKUのカップルが、店員の徳井に話しかけるところから始まるこのネタでは陣がロボット役を熱演。RIKUは「ウィーンガシャ!」と大きな音を立てて動く陣ロボットを「カッコいい」「かわいい」と絶賛するも、福田は「こんなんいらん!」と言い、徳井が次々と陣ロボットの魅力を熱弁するというネタを視聴者に届けた。

続いて登場したのは徳井がTikTokで見つけ、出演オファーしたというビートボクサーチーム・SO-SO/SARUKANI。SO-SOがボイスパーカッションとルーパーでリアルタイムにトラックを構築し、「This Is 8bit」を披露するとコメント欄には驚きの声が次々と書き込まれる。そこにSARUKANIメンバーも合流し「WE SAIKYO」をパフォーマンス。さらに「ULTRA POWER」「SARUKANI WARS」を立て続けに披露して、“ニューカマー”ながら迫力満点のステージを届けた。

2021年初ライブとなったTHE RAMPAGEは最新アルバム「REBOOT」のリード曲「SILVER RAIN」で、冒頭からダンスとボーカルスキルの高さを存分に発揮。パフォーマーのLIKIYA、神谷健太、山本彰吾、浦川翔平、鈴木昂秀からなるMA55IVE THE RAMPAGEもクールなラップを決め、THE RAMPAGEの新境地を提示してみせた。「FAST LANE」や「FIRED UP」ではTHE RAMPAGEのルーツであるヒップホップサウンドとパワフルなダンスで視聴者を魅了。「FEARS」「INVISIBLE LOVE」の2曲では憂いのある表情とパフォーマンス、艷やかな歌声を画面の向こうへ届けた。「WAKE ME UP」からはTHE RAMPAGEのライブアンセムが続く。爽快感あふれる「Dream On」では川村壱馬のラップが炸裂。「Shangri-La」ではRIKUがデザインを手がけた本イベントのタオルを16人全員が回した。

MCパートを待たずに最後の曲のイントロが流れ出すと、RIKUは「待って待って! 焦らないで!」と曲を止め、「まあこれも『LIVE YEAH!!!』らしいよね」と笑顔を見せる。川村からこのライブの感想を問われたRIKUは「素敵な音楽にあふれるイベントになっていると思います。もう感謝しかない。幸せです」と語り、吉野も「『LIVE YEAH!!!』って温かいなと思います。共演者の皆さんも盛り上げてくれるので僕らも楽しめますし、ひさしぶりのライブパフォーマンスだったので気合いが入りますね。メンバーの(表情の)固さも伝わってきたんですけど、やっとほぐれてきましたね」とひさびさのライブを楽しんでいる様子。川村は「今後もこのイベントが開催されることを願っていますし、僕らも出演できたらと思っていますので精進していきます。引き続き皆さん楽しみにしていてください」と本イベントについて語った。MCが終わりTHE RAMPAGEはラストナンバー「WELCOME 2 PARADISE」を披露。笑顔あふれるパフォーマンスで、会場にピースフルな雰囲気を作り上げた。

トリの前のトークブロックでは、このイベントで“キャンプ”を担当する徳井が、会場外にテントを設置してSO-SOとトーク。SO-SOが徳井にボイスパーカッションの方法を伝授するなど、微笑ましいやり取りで視聴者を和ませた。視聴者が料理写真を投稿しその中から賞を選出する企画「LIVE YUMMY!!!」の結果発表をしたあと、いよいよトリの清水翔太が登場。清水はグルーヴ感のあるR&Bナンバー「Sorry Not Sorry」でライブをスタート。スイートな「Feel Good」を気持ちよさそうに歌い上げると、「ヤバ。このお客さんいない感じは初めてですね。画面の前で見ている皆さん楽しんでますか?」と初の無観客ライブにまだ慣れない様子を見せる。続く「Princess」ではその不慣れさからか歌詞が飛んでしまうというハプニングもあったが、切ないラブソングを思いを込めて届けた。

「皆さんお待ちかねのコラボの時間がやってきました」と清水が呼び込んだのはTHE RAMPAGEのRIKU。清水は「RIKUくんはライブにも来てくれたんだけど、Instagramで僕の曲を歌ってくれてるのを見かけてすごくうれしくて。いつか一緒に歌うならその曲がいいなと思ってリクエストさせてもらいました」とコラボの選曲を担当したことを明かし、RIKUは「番組にゲストとして来ていただいたときに『いつか一緒にやりたいです』と勢いで言ってみたものの、こんなに早く叶うとは。こんなに早く夢が叶ってうれしいです」と大好きな清水とのコラボを喜んだ。そんなやり取りを経て、RIKUが歌い始めたのは「花束のかわりにメロディーを」。清水が気持ちよさそうにフェイクを決めると、RIKUは感極まった様子を見せ、客席で観ていたTHE RAMPAGEメンバーもチームメイトの夢が叶う瞬間を笑顔で見守った。RIKUをハグして送り出した清水は最後に「Good Life」を熱唱。貫禄のあるステージでパフォーマンスを締めくくった。

最後はステージに出演者たちが全員集合。それぞれ感想を語る中で、川村は「うちの陣さん、RIKUさんのVJ続投と(イベントの)Vol.4開催とそれにTHE RAMPAGEが出演できることを約束していただけませんか?」とチュートリアルやスタッフ陣におねだり。チュートリアルの2人はスタッフチームの確認を取りその場でそれを快諾した。そんなやり取りを経て、出演者たちはピースに親指を加えた“ライブイエーポーズ”を掲げ、「LIVE YEAH!!!」の掛け声でイベントを締めくくった。

なおスペースシャワーTVでは、本イベントの模様を収録した特別番組を5月に放送予定。

「LIVE YEAH!!!vol.3~みんなで作るサイコーPARTY!!!~」2021年3月4日 セットリスト

Reol

01. HYPE MODE
02. 十中八九
03. 平面鏡
04. 金字塔
05. 第六感

SO-SO/SARUKANI

01. This Is 8bit
02. WE SAIKYO
03. ULTRA POWER~SARUKANI WARS

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

01. SILVER RAIN
02. FAST LANE
03. FIRED UP
04. FEARS
05. INVISIBLE LOVE
06. WAKE ME UP
07. Dream On
08. Shangri-La
09. WELCOME 2 PARADISE

清水翔太

01. Sorry Not Sorry
02. Feel Good
03. Princess
04. 花束のかわりにメロディーを feat. RIKU
05. Good Life

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL