K:ream「空白の春」の世界観をさまざまな風景で表現

K:ream「空白の春」の世界観をさまざまな風景で表現

K:ream「空白の春」のリリックビデオがYouTubeで公開された。

「空白の春」は本日4月7日に配信リリースされた4曲入り新作「hologram」の収録曲。コロナ禍による「このまま自分は忘れ去られてしまうのだろうか」という不安や悲しさ、虚しさを春の美しい景色と対比して表現している。リリックビデオのディレクターは「re:birth」のミュージックビデオを手がけた映像作家・深津昌和が担当。自然や街中などさまざまな風景を収めた写真が使用されている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL