クリープハイプ尾崎世界観が南相馬市へ、敬愛する柳美里と対談する90分動画公開

クリープハイプ尾崎世界観が南相馬市へ、敬愛する柳美里と対談する90分動画公開

左から尾崎世界観(クリープハイプ)、柳美里。(c)新潮社

尾崎世界観(クリープハイプ)が芥川賞作家・柳美里と対談する約90分の動画が、新潮社のYouTube公式チャンネルで公開された。

1月に刊行した小説「母影」が「第164回芥川賞」の候補作品に選ばれた尾崎。彼はバンドも仕事もうまくいかずに苦しんでいた10代の終わり頃、柳の著書「ゴールドラッシュ」を読んで救われたという。尾崎は敬愛する柳と初対面を果たすため、彼女が運営する福島県南相馬市内の書店・フルハウスへ。創作活動や人生についてじっくりと語り合った。

対談後、尾崎はフルハウスで気になった本を10冊近く購入。個人経営で独自の品ぞろえの書店に強い関心をもっており、「母影」のサイン本の作成に快く応じた。また柳の案内で福島第一原発にほど近い双葉町を訪れた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL