J.Y. ParkとPSYが次世代ボーイズグループを誕生させるオーディション番組「LOUD」dTVで日本独占配信

J.Y. ParkとPSYが次世代ボーイズグループを誕生させるオーディション番組「LOUD」dTVで日本独占配信

「LOUD」メインビジュアル

J.Y. ParkとPSYがプロデュースを務めるオーディション番組「LOUD」が、dTVにて7月3日(土)より日本独占配信される。

「LOUD」には2000年1月1日以降に生まれた男性という応募条件のもと、6名の日本人を含む各国から集まった総勢73名が参加。「実力」と「魅力」という2つの基準でさまざまな審査が行われ、J.Y. ParkのJYP EntertainmentとPSYのP NATION、各事務所から1組ずつのボーイズグループがデビューを果たす。挑戦者に先に合格を出した事務所にスカウト権が渡るシステムのため、J.Y. ParkとPSYが互いに牽制しながら参加者に自ら売り込むといったやりとりも見どころだ。韓国ではSBSにて6月5日から放送され、初回は最高瞬間視聴率11.3%と高い数字を記録している。「Nizi Project」が話題を集めたことも記憶に新しいJ.Y. Parkと「江南スタイル」で世界的ヒットを記録したPSYは、果たしてどのようなグループを誕生させるのか。

「LOUD」は全15回の放送を予定。dTVでは7月3日(土)21:00より第1話と第2話を配信し、第1話はdTVと番組公式YouTubeチャンネルにて無料で公開される。なお日本版公式予告映像と第1話のダイジェスト映像が、本日番組公式Youtubeチャンネルにて公開された。映像内でJ.Y.Parkは「一言では整理できない”芸術”というものを自分自身で表現する人を探すために、見えない部分を見せてくれ、叫んでくれという想いを込めて、本番組のタイトルを『LOUD』と名付けた」と語っている。

J.Y.Park コメント

初回収録を終えた際の感想

最初の収録が終わって僕が言った言葉をいまだに正確に覚えています。「(番組プロデューサー)ソンフン、失敗じゃないよ。」僕が実は「失敗しないか」と心配していました。なぜかというと、結局参加者の方々が、特別な方々に来ていただかなければ、このようなプログラムを進行させることはできません。審査員が急に面白いことをしたり、ユーモアを言うこともできません。それが一番怖かったです。今回は審査基準を明確にして選ぶとお話したので、果たしてそれに応じてくれる特別な参加者が来てくれるのか。それが最大の不安でした。でも初日、収録をして「失敗じゃない、これはできた」ということが最初の感想でした。

「LOUD」の挑戦者に期待したいこと

どんなアイドル歌手を企画し続け、プロデュースをして、また世の中に披露しながら、「次のアイドルはどんな面を持つべきか」ということをすごく悩みます。昔は歌手の能力を会社が開発できる部分が多かったんですが、現在はSNSをはじめ個人のメディアが発展し、歌手の能力や態度、人柄などを隠すことはとても難しくなりました。だからもう「本物」を探さないといけません。それで、何か自分が表現したいものが中にいるひとを見つけたい。スティーブン・ホーキングの「Quiet people have the LOUDest minds」という言葉をみつけ、これを活用しタイトルにしたんです。表は静かなのに、中では色々を表現したいという…言いたいことがいっぱいある、そんな人を見つけた時、その人こそ次のK-POPボーイバンドを引っ張っていけるんじゃないか……自ら口を開き、作品をどのようにしたいという意志を持った人間に重点を置いて審査していきたいと思います。

PSY コメント

初回収録を終えた際の感想

僕は元々あまり緊張をしない方ですが、このプログラムは色々な意味で、私にとって「初」ということがとても多かったのですごく緊張していました。(これまでは)自らの新曲を披露するのがほぼ99%だったので、私が「誰かの人生がかかっている大事を評価する」ことに慣れていませんでした。そういうことで(心が)少し重かった…記憶があります。一方、最初の収録の後に感じたことを一つ挙げるとしたら「J.Y.Parkさん、本当に放送がお上手だなー」でした(笑)。J.Y.Parkさんとはプライベートではすごく親しいんですけど、一緒に仕事をしたのは今回が初めてです。この度、初めての仕事をしているので、とても今びっくりしながら一生懸命学んでいます。

「LOUD」の挑戦者に期待したいこと

20年間、仕事をしてきた時間を振り返ってみると、「どうしてこういうものはないのか?」ということを熾烈に探していたんです。「なんでいつも愛についてばかり歌わないといけないんだろう?私は別の歌を歌ってみよう」ということです。今回は、J.Y.Parkさんと一緒に審査をしながら、世界におけるK-POPの位置づけがある程度、出来上がってきている中で、「そうだけど、それが全てではない。こんなK-POPもあるよ。」と私達が言えるような特別さがある人、を探しています。振り返ってみると、私は幼い頃からユニークだという話をたくさん聞きました。でも、ユニークなことを20年間続けていたら特別さが少し生まれてきたようです。それで私は個人的には珍しい人を熱心に捜しています。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL