後藤正文がロックミュージシャンの視点で伝統音楽の魅力を語る、国立劇場「日本音楽のススメ」

後藤正文がロックミュージシャンの視点で伝統音楽の魅力を語る、国立劇場「日本音楽のススメ」

「日本音楽のススメ」チラシビジュアル表面

7月24日に東京・国立劇場小劇場で行われる公演「日本音楽のススメ」に、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)がトークゲストとして出演する。

「日本音楽のススメ」は、日本の伝統的な音楽の名作を厳選して紹介する公演。後藤は「今にひもとく伝統の技-演奏の仕組みと役割-」と題したトークプログラムに登場し、ロックミュージシャンとしての視点から伝統音楽の特色を語る。プログラム内では箏曲家の帯名久仁子、長唄唄方の杵屋巳津也らが実演を交えてそれぞれの技術を紹介。司会は土井コマキが務める。

今回の公演ではトークのほか、箏曲「水の変態」、長唄「船弁慶」も披露される。チケットは国立劇場チケットセンター、および会場窓口にて販売中。

国立劇場 7月邦楽公演 日本音楽のススメ

2021年7月24日(土)東京都 国立劇場小劇場
OPEN 15:30 / START 16:00 / END 17:40(予定)

解説「今にひもとく伝統の技-演奏の仕組みと役割-」

<出演者>
案内:帯名久仁子 / 杵屋巳津也 / ほか
トークゲスト:後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
司会:土井コマキ

箏曲「水の変態」

<出演者>
箏本手:遠藤千晶
箏替手:帯名久仁子

長唄「船弁慶」

<出演者>
唄:杵屋巳津也
三味線:杵屋五吉郎
小鼓:田中傳一郎
笛:福原寬
ほか

※記事初出時、本文に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL