佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 5回目 前編 フィロソフィーのダンスとボーダーレスなアイドル像を考える

佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 5回目 前編 フィロソフィーのダンスとボーダーレスなアイドル像を考える

「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

佐々木敦と南波一海によるアイドルをテーマにしたインタビュー連載「聴くなら聞かねば!」。この企画では「アイドルソングを聴くなら、この人に話を聞かねば!」というゲストを毎回招き、2人が活動や制作の背景にディープに迫っていく。作詞家・児玉雨子和田彩花神宿劔樹人(あらかじめ決められた恋人たちへ)&ぱいぱいでか美に続く第5回のゲストは、フィロソフィーのダンス。2015年のグループ結成以降、ブラックミュージックをベースにした楽曲やハイレベルなライブパフォーマンスで支持を集め、ついに昨年9月にメジャーデビューを果たした彼女たちに、コンセプチュアルなアイドルグループとしてのアイデンティティや、アイドルとして活動する中での葛藤、またメジャーデビューの先に思い描く未来などについて語ってもらった。

構成 / 瀬下裕理 撮影 / 朝岡英輔 イラスト / ナカG

いつかは来るタイミングが少し早まっただけ

南波一海 こちら、フィロソフィーのダンスを前々から「いい」と言っている佐々木さんです。

佐々木敦 今日はお会いできて光栄です。僕は昨年2020年くらいから急激にアイドルに関心を抱くようになったんですが、フィロソフィーのダンスさんのことを好きになったのは「ダンス・ファウンダー(リ・ボーカル&シングル・ミックス)」(2018年2月発表)のミュージックビデオをYouTubeで観たのがきっかけでした。もともとフィロのスのプロデューサーである加茂啓太郎さんとはHEADZ(佐々木が主宰する音楽レーベル)関連で少しだけ接点があったので、「あの加茂さんが手がけているグループなんだ」と興味を持っていたんですが、動画で曲を聴いたりパフォーマンスを観たりして「こ、これは!」とかなり衝撃を受けまして。なのでこの連載で「アイドルとは何か?」ということについて考えるとき、いつもフィロのスさんの存在が頭にあったんです。

奥津マリリ うれしい! 最近は、私たちに興味を持ってくださった方から直接お話を聞ける機会がなかなかなかったのでとても新鮮です。

佐々木 皆さんが今まで何度も聞かれてきたような質問をしてしまうかもしれませんが……。

一同 大丈夫です!

奥津 はい、質問です! 佐々木さんは、フィロソフィーのライブにはまだ来てくださったことはないんですか?

佐々木 これがね、ないんですよ。フィロのスさんのライブに限らず、僕、アイドルの現場にまだ一度も行ったことがなくて。アイドルにハマった途端にコロナ禍に突入してしまったこともあるんですが、現場に行ってしまったら二度と戻ってこれなくなるんじゃないかと……いや、戻るつもりもないんですが(笑)。でも配信ライブなどは観ていますよ。

奥津 YouTube界で生きるオタクですね。電波を介してすべてを観ている……。

佐々木 ははは(苦笑)。フィロソフィーのダンスは昨年9月にメジャーデビューを果たされましたが(参照:フィロソフィーのダンス「ドント・ストップ・ザ・ダンス」インタビュー)、コロナ禍の中でメジャーデビューに向かってどんなことを考え、行動していたのかを最初にお伺いしたくて。

南波 皆さんはあの状況下でも、まったく挫けていませんでしたよね。

十束おとは そうですね。わりと早い段階からZoomを使ってグループの基礎力を上げる時間を作っていたんです。ダンスレッスンを受けたり、メンバーが中心になってセトリを決めてライブの練習をしたり。その中でメンバー同士で頻繁に連絡を取り合っていたので、誰1人落ち込むこともなく、「4人で一緒にがんばっていこうね」というムードになって。そうしているうちにメジャーデビューに向けて動き始めたので、コロナ禍に入ったからといって動きがぴったり止まったという感覚はないですね。もちろんライブはできなくなっちゃいましたけど。

佐々木 直接会えなかった時期の体験が逆にメンバー間の関係性を強めることになったんですね。

十束 はい。私たちは長い間ずっとこの4人でやってきたんですけど、メジャーデビュー前にさらに絆を深め合えたという点で、あの期間はむしろプラスだったかなと思っています。

南波 フィロソフィーのダンスはずっとライブに力を入れて突き進んできたじゃないですか。でもコロナ禍になってライブ中心の世界から状況がガラッと変わってしまって。

日向ハル 私はそもそもグループがメジャーに行くという時点で、ファンの方々と直接コミュニケーションを取れる仕事はきっと減っていってしまうだろうなと思っていたんですよ。実際去年からコロナのせいでライブやイベントが思うようにできない状態になりましたけど、それっていつかは来るタイミングがちょっと早くなってしまっただけで。自分たちが長く活動を続けてだんだん大きくなっていくなら、必然的にインディーズの頃と同じペースではファンの方と触れ合えなくなってしまうから、やっぱり私たちはライブで皆さんを魅了できるようにならなきゃいけないという気持ちは変わらないですし、コロナじゃなかったらもっと売れていたなんて絶対に言いたくないですね。これまでも「今この環境下でどうベストを尽くすか」ということが私たちにとって課題でしたし、そのことを常に考えているからあんまりネガティブな思考にはならないのかなと思います。

佐々木 コロナ禍の厳しい状況も試練の1つとして受け入れられたんですね。すごい……不屈の精神だ。

日向 あははは(笑)。

モリモリ、ぷにゅ、モリモリ

佐々木 メンバー同士で顔を合わせられなかった期間はそれぞれどんなことをして過ごしてたんですか?

奥津 私は活動を再開したときに体の衰えを感じたくなかったので、ずっと1人で筋トレをしていました。でもお休み期間があんなに長引くと思っていなかったので、自分が思っていたよりも筋肉バキバキになっちゃって……一時期は体脂肪率も18%くらいで、女の子でいうとアスリート並みのコンディションになっていたんですけど、あるときリモートでグラビアのお仕事があって、自分で写真を撮って送ったんです。そしたらもう、体が上からモリモリ、ぷにゅ、モリモリみたいな、アンバランスな感じになっていて(笑)。その写真を見て、「なんでも闇雲にがんばればいいわけではないんだ」と気付いて、その後は適度にダンスや筋トレをして復帰の準備をしていました。

日向 気付いてよかった(笑)。

奥津 チチマッチョさんになっていたかもしれなかった(笑)。

一同 あはははは(笑)。

佐々木 佐藤さんはどうですか?

佐藤まりあ えっと……ほかのグループの方を含め「おうち時間が自分を見直す機会になった」というお話をたくさん聴くんですけど、私はおうち時間を本当に無駄にしたタイプです。

佐々木 はっきり無駄と言っちゃってる(笑)。

佐藤 結成から6年間ずっと走り続けてきた分、いつも夜遅くに帰ってきてコンビニのお弁当を1人で食べるみたいな生活だったので、家族と一緒にゆっくりごはんを食べられる時間がすごく楽しくて……あとは昼の11時くらいまで眠ったり、お料理したり、ずっと「ハッピー!」という感じでした(笑)。自分の身になることは特にやっていなかったんですが、ただ家族といられる幸せを感じていました。

佐々木 気持ちもリフレッシュできて最高じゃないですか。ご家族もうれしいですよね。

佐藤 はい。家族に「まりあが家にいると賑やかだ」と言われました。私もあんなに長くお休みすることなんてもう二度とないと思うので、すごく楽しかったですね。

奥津 いい話。一番いいよ!

南波 精神が健全になるんですから、まったく無駄じゃないですよね。

日向 私も同じく、こんなに長い間休みをもらう機会なんてもうないから、とにかく自分を甘やかそうと思って。焦ってもどうしようもないし、6年間ずっとがんばってきたんだから何も考えずに休もうと決めて、今までなかなか挑戦できなかった自炊をしたり、ミュージカル映画を観たりしてました。あと音楽に関しては、グループのルーツになっているブラックミュージックをこの期間に深掘りしようといろいろ聴いてみたりとか、洋楽を歌ってみたあと英語がしゃべれるlyrical schoolのrisanoに電話して、「洋楽のカバーしたから聴いて」「発音どこが違うか教えて」とお願いして、お互いボイスメモを送り合ったりとか。暇すぎるからこそ、やってみたいと思うことに触れられた有意義な時間でしたね。

十束 私は本当に根がオタクなので、お休みとなると何かしたくなっちゃうタイプなんです。だからイチから独学で動画を撮影して自分で編集して、それをYouTubeで公開していました。あと「これまでゲームの大会で優勝したことがないからもっと腕を上げたいな」と思って好きなゲームをたくさん練習していたら、ちょうど大会にお呼ばれして、なんとそこで優勝しました!(笑) それに我が家にワンちゃんを迎え入れたりもしたので、とにかくハッピーにおうち時間を過ごしました。

佐々木 なるほど。各人各様ながらも有意義で充実したハッピーな時間だったんですね。

すごく安定した株なんです

南波 そうやってコロナ禍を前向きに過ごせたのも実はすごいことですよね。同じ時期に己と向き合った結果、アイドルを辞めるという選択を取った方も少なくないわけで。それに、今の話も皆さん明るくフランクに話してくれていますが、やっぱり1人ひとりの中で前提となっている志がすごく高いなと。それは4人がグループに加入するまでの道のりが長く、苦労したこともあったからかもしれませんが、日向さんが話していたように「グループを長く続ける」というビジョンのもとで意識的に活動しているからなんだろうなと思います。

佐々木 今年でグループ結成から6年目に入りましたが、このメンバーで長く一緒に活動してこられたのはどんなことがきっかけだったんですか?

日向 極論を言うと、グループがうまくいってなかったら、おそらくそういう気持ちにはなっていないですよね。すべて自分たちが思い描くようにとは言わないですけど、ライブ会場のキャパシティがだんだん大きくなっていったり、ファンの方が増えていって地上波のテレビ番組から声がかかったり、こうやってメジャーデビューが決まったりと、いろんなことが重なっていって「このグループを続けていていいんだ」「この道が正しいんだ」と思えたというか。そういう自信につながったのは、具体的にどのタイミングというより、ずーっと活動を積み重ねてきた結果なのかなと思います。

奥津 これまでは本当に目の前の課題をクリアしていくのに必死で、ふと気付いたら丸5年が経っていたという。今後状況が変わって、やむを得ずまた活動をストップしなきゃいけないときも来るかもしれないですけど、私たちにはここまでずっと続けてきた事実があるので、株価がちょっと変動しようとも(笑)、活動していくうえで別にそこまで支障はないかなって。

日向 すごく安定した株なんです、私たち!

十束 とか言っておいて、そのうち暴落したりして(笑)。

奥津 何かの拍子に炎上したりとかね(笑)。でもそういうことがあったり、別の理由でゆらゆらすることがあっても、もうここ数年で辞めるという話ではない人生になってきました。だから何かあっても「長い目で見たらちっちゃいことよ」と言えるくらいの気持ちの余裕は常に持っていたいですね。

今は胸を張って言えるよね

佐々木 そもそもの話になりますが、フィロソフィーのダンスってすごくコンセプチュアルなアイドルユニットとしてスタートしたわけじゃないですか。ユニット名のネーミングはもちろんのこと、音楽性といい歌詞の世界観といい、練りに練った形で出発したと思うんですが、皆さん自身は、そういう強いコンセプトをどんなふうに受け止めていたんでしょうか? 6年前と今とではフィロのスが持っている表現の幅も変わってきていると思うので、現時点での感覚でも構わないんですが。

奥津 結成当初は「いい曲をいい歌で届ける」というコンセプトがふんわりあったくらいで、今ほどバチッと決まっていたわけではなかったんです。初期から楽曲の歌詞を書いてくださっていたヤマモトショウさんの歌詞には最初から“哲学”というテーマが一貫してあったんですが、楽曲的には徐々にR&Bやファンク、ディスコ寄りの曲調のものが多くなっていって。「いい曲」というコンセプトから、より具体的にブラックミュージックをベースにしたものへと定まっていった感覚でした。でも今回のメジャーデビューを機に、今後長く活動していくために、これまで限定してきた音楽のジャンルをちょっと踏み外して、いろんな音楽を幅広く歌っていこう、何をやってもフィロソフィーのダンスだと言えるようになろうという気持ちに変わってきたんです。一方で、1つの道を突き進んできて「こういう曲はフィロのスっぽいよね」というイメージができあがったのはすごくいいことだなと思いますし、これからはそれをちょっとずつ広げていけたらなって。

佐々木 なるほど。奥津さんはわりと自然に受け止められていたんですね。

十束 私と佐藤はオーディションを受けてグループに加入しているんですけど、もともと私はでんぱ組.incさんがすごく好きで。オーディション受けたきっかけも加茂さんがでんぱ組.incさんをすごく好きだと聞いたからで、「そういうかわいいアイドルになれるオーディションなんだ!」と思っていたんです。なので、実際に活動が始まった当初は「ん? おかしいな?」となったんですけど(笑)、今はフィロソフィーのダンスだから表現できる曲やダンスがあるって胸を張って言えるので、よかったなと思います。だよね、佐藤まりあさん?

佐藤 はい。素敵な音楽に出会えたなと。

一同 あははは(笑)。

十束 本当によかったです(笑)。

佐々木 世の中には本当にたくさんのアイドルグループが存在していますが、僕はこれまで、とにかく音楽がいいと思えないとどうしてもハマれないという傾向があったんです。“いい音楽”の定義も人それぞれですけど、そのアイドルを好きになれるかどうかという場合に、どうしても音楽的に乗り越えられない壁が自分の中にあった。今はそれも少し変わってきてるんですが、フィロのスさんに関してはどの曲も本当にすごくよくできていて、新曲を聴くたびに「今度はこう来たか! じゃあ次はどうなるんだろう?」という楽しみな気持ちになれたんです。だから今後も長く活動し続けて、アイドル界屈指の実力派グループとして輝いていってほしいなと。といっても、まだネット上でしかライブも観てないんですけど……。

日向 あははは(笑)。でもそう言っていただけて、すごくうれしいです。

奥津 たぶん、もう現場に1歩足を踏み入れたらズブズブですよ。

アイドルであることを捨てたくない

南波 楽曲やライブパフォーマンスに力を入れているグループには、“アイドルなのか否か”という問いが常に付きまとうじゃないですか。皆さんは活動していてアイドルであるがゆえの壁を感じたことはありますか?

日向 正直めちゃくちゃありますね。やっぱりアイドルだから出られないフェスやイベントもあるんですよ。

南波 残念ながらありますよね。自分も腹が立ってしまう場面に遭遇することがたまにあります(笑)。

日向 私たちは特に、今まで「アイドルなのに」という言葉をたくさん使ったからここまで来れたと思っていて。「アイドルなのに曲がいい」「アイドルなのにこんなに歌が歌える」「アイドルなのに面白いね」と言ってもらえたことはすごくよかったし、そういう言葉を味方にしてやってきた部分もあるんですけど、やっぱりここから先は「アイドルなのに」を越えていかないと、自分たちは大きくなれない。もっとたくさんの方に知ってもらいたいし、もっと前に進みたいのに、アイドルだから特定のフェスには絶対に声をかけてもらえないという状況がすごく悔しくて。私たちは2019年、2020年と「りんご音楽祭」(毎年長野県松本市のアルプス公園で行われている野外フェス)に出演させてもらったんですが、そのときは地道にオーディションを受けましたし(笑)、あとはいろんなバンドやグループに「コーラスやらせてください」と売り込んだり、アイドル界隈外のアーティストの方と絡ませてもらったりとか、自分たちから新たな層へと働きかけるようにはしていますね。

佐々木 僕もかつては感じていたことなんですが、アイドル文化って独立した世界というか、外側から見ると“一見さんお断り”的な空気が漂っているように思われがちなんですよね。だからアイドルという字面に囚われてしまう人たちの気持ちもわかるんですが、実際にパフォーマンスを観たら、「アイドルか否かというカテゴリーなんて別に重要じゃないんだ」と気付く人もきっと多いんじゃないかなと。でもそういう機会を作る環境がまだ整っていないことも事実なので、フィロのスさんみたいにこちら側からどんどん仕掛けていくしかないし、そうすることで少しずつでもアイドルという職業そのものの捉えられ方が変わっていくといいですよね。

南波 パフォーマンスの話で言うと、海外だと踊りながら歌うアーティストが評価されるのはごく自然なことなのに、日本では踊りながら歌うことがアーティストとしてちょっと下に見られる傾向が根強く残っている部分もあるじゃないですか。歌って踊るというスタイルはアイドル文化の肝だけど、そのフォーマットでアイドルシーンの外側にもアクセスしようとしているフィロソフィーのダンスには、もしかしたら逆風を受ける瞬間もあるのかなと。

十束 確かにありますが、アイドルであることは私たちの誇りだし、捨てたくないですね。私はアイドルでありアイドルオタクでもあるので、「アイドル文化が悪い」とは言いたくないし、アイドル文化そのものが悪く言われる未来も作りたくありません。でも「アイドルってパフォーマンスのクオリティがイマイチで、オタクだけが聴くものでしょ?」「アイドル文化って閉鎖的だし、内輪で完結しているものでしょ?」というマイナスなイメージが存在していることも事実だと思います。そのマイナスイメージを払拭するためにも、フィロソフィーのダンスは今後もアイドルの看板を背負って、たくさんの方に愛されるグループになりたいと思いますし、私たちをきっかけにアイドルというジャンルに興味を持ってくれる方も増やしていきたいです。このまま突っ走っていくのでちゃんと見ていてください。がんばります!

南波 もちろん、今いるファンの方々はフィロソフィーのダンスの存在のユニークさやパフォーマンスのよさをわかってくれているわけで。よく知らないんだけどこういうものに抵抗がある、という人たちにどう向き合っていくかが重要ですよね。

日向 自分はもともとアイドルに対して偏見を持っていた人間だったので、そちら側の気持ちもすごくわかるんですよ。正直アイドルソングに興味を持つきっかけがないから、わざわざ聴く理由もないという……。私は以前、バンドがもっともカッコいいと思っていたし、ダンスボーカル系の楽曲すらちゃんと聴けないくらい好みの幅が狭かったんです。で、いざ自分がやる側になってみたら、自分と同じようなタイプの方々の前では無力だし、なかなか気軽に曲を聴いてもらえないことがすごく悔しくて。でもそれって、アイドル文化が国内の一部だけで盛り上がってしまっているからというか、まだ大多数の人には“オタクが握手をしに行くアングラなカルチャー”みたいな印象を持たれているからなのかなと思います。そういう状況は、もっとアイドルがテレビやメディアにたくさん出てパフォーマンスを観てもらえたら変わるかもしれないですし、やっぱり私たちの目標は、そうすることでアイドルをみんなの身近な存在にすることだなと。

佐々木 アイドルという言葉やイメージに対する偏見を変えていくことはきっと簡単ではないですが、皆さんのようにアイドル本人が働きかけてくれることは大きな希望だと思いました。ちなみに僕、皆さんがアコースティックバンド編成で「シスター」を歌っている動画(2020年11月に行われた配信ワンマンライブ「Philosophy no Dance "World Extension"」より)や、皆さんがお風呂でカバー曲を歌っている動画を観たんですが、すごく感激しました。ダンスを封印して歌うことだけに集中されているわけですが、ものすごく魅力的で、もう完全にシンガー集団じゃないかと。あんなふうにお風呂で歌える人なんていないですよね。

奥津 ふふふ、うれしい!

佐々木 コアなファン以外の人にはまだ知られていない皆さんの魅力がどんどん広まっていったら、いつか本当にアイドルという概念の在り方が変わるかもしれないなと思っています。

日向 ありがとうございます。いつか変えられるようにがんばります。

<次回に続く>

フィロソフィーのダンス

奥津マリリ、佐藤まりあ、日向ハル、十束おとはからなる4人組のアイドルグループ。2015年に加茂啓太郎のプロデュースにより活動を開始し、同年12月に会場限定シングル「すききらいアンチノミー」、2016年11月に1stアルバム「FUNKY BUT CHIC」を発売。以降“音楽性にはコンテンポラリーなファンク、R&Bの要素を取り入れ、歌詞には哲学的なメッセージを込める”というコンセプトのもとコンスタントに楽曲を発表し続けている。2020年9月にメジャー1stシングル「ドント・ストップ・ザ・ダンス」、2021年4月にメジャー2ndシングル「カップラーメン・プログラム」を発表。同年7月に東名阪ツアー「Philosophy no Dance Dance with Me TOUR 2021」を開催予定で、翌月8月にはメジャー3rdシングル「ダブル・スタンダード」を発売する。

佐々木敦

1964年生まれの作家 / 音楽レーベル・HEADZ主宰。文学、音楽、演劇、映画ほか、さまざまなジャンルについて批評活動を行う。「ニッポンの音楽」「未知との遭遇」「アートートロジー」「私は小説である」「この映画を視ているのは誰か?」など著書多数。2020年4月に創刊された文学ムック「ことばと」の編集長を務める。2020年3月に「新潮 2020年4月号」にて初の小説「半睡」を発表。8月に78編の批評文を収録した「批評王 終わりなき思考のレッスン」(工作舎)、11月に文芸誌「群像」での連載を書籍化した「それを小説と呼ぶ」(講談社)が刊行された。

南波一海

1978年生まれの音楽ライター。アイドル専門音楽レーベル・PENGUIN DISC主宰。近年はアイドルをはじめとするアーティストへのインタビューを多く行い、その数は年間100本を越える。タワーレコードのストリーミングメディア「タワレコTV」のアイドル紹介番組「南波一海のアイドル三十六房」でナビゲーターを務めるほか、さまざまなメディアで活躍している。「ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました! Vol.1 アイドル三十六房編」や「JAPAN IDOL FILE」シリーズなど、コンピレーションCDも監修。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL