ralph、MURVSAKIと制作した楽曲の配信停止を決断「彼の行いは到底許されることではありません」

ralph、MURVSAKIと制作した楽曲の配信停止を決断「彼の行いは到底許されることではありません」

ralphが自身の楽曲「BLACK BANDANA」について、ミュージックビデオを非公開にするとともに配信停止の手続きを行っていることを明らかにした。

「BLACK BANDANA」は昨年6月に配信された楽曲で、トラックをプロデュースしたMURVSAKIは事実婚状態にあった女性の当時16歳の連れ子に対して、わいせつ行為を行った監護者わいせつ罪の容疑で逮捕され、現在服役中であることが報じられている。ralphは楽曲の配信停止について「報道にあった彼の行いは到底許されることではありません。この曲はムラサキと2人で作ったので自分の一存で配信停止の決断に至りました」と説明しつつ、「他アーティストの彼が関わった作品については、プロジェクトの規模、権利や法の問題で対応に違いが出てくる思います。しかし彼の行いに対しての考え、思いは全員同じだと思うので、それぞれの対応を尊重したいです」と自身のTwitterアカウントでコメントしている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL