Perfumeあ~ちゃんと大泉洋の掛け合いにも注目?アマプラ新バラエティ放送間近

Perfumeあ~ちゃんと大泉洋の掛け合いにも注目?アマプラ新バラエティ放送間近

左からPerfume、大泉洋、MIYAVI。

本日8月30日に東京都内にて、Amazon Prime Videoの番組「ザ・マスクド・シンガー」の配信直前プレミアイベントが開催され、番組MCの大泉洋、パネラーのPerfume、MIYAVIが登壇した。

9月3日(金)よりAmazon Prime Videoにて配信される「ザ・マスクド・シンガー」は、韓国で2015年に始まり、今では世界50カ国で配信されている音楽エンタテインメント番組の日本版。マスクを被って登場する有名人のパフォーマンスと歌声をヒントに、パネリストや観客がその正体を推理する。日本版は全9話で構成され、初回3話が9月3日に配信されたあと、以降は毎週金曜に順次配信されていく。また番組テーマ曲にはPerfumeの楽曲「ポリゴンウェイヴ」が使用される。

Perfume、MIYAVIに続き、番組内でも使用されているMIYAVIの「Fire Bird」が流れる中大泉が現れ、ピースを2度ほど前に突き出すとあ~ちゃんは「ダサ!」と大泉をいじる。「誰だ! ダサいって言ったのは!」と大泉が怒ると、「あんなカッコいい音楽でピースを2回前に“ダンダン”とする人はいないですよ」とあ~ちゃんは大笑い。「バチンと合ってたろ!」と大泉が主張すると、PerfumeにつられてMIYAVIも笑っていた。

パネラーを務めた感想を問われたMIYAVIは「アメリカ版にチャカ・カーンが出ていたので日本版はどうなるかと思ったんですが、チャカ・カーン級の人が出たりもします。純粋に楽しませてもらいましたし、俺たちはワーキャー言ってるだけなので、これでギャラもらっていいのかなと思うくらい(笑)。純粋に邦楽の素晴らしさを感じましたし、楽しかったです」と楽しみながら番組収録に参加したことを報道陣に報告。「ザ・マスクド・シンガー」の大ファン・あ~ちゃんは「韓国でやってるときに観てて『この人こんなうまいんじゃ』っていう新しい発見があって、それがアメリカに行ってめちゃくちゃエンタテインメント化してそれが日本に上陸した感じなんです。日本での『ザ・マスクド・シンガー』はワンダーランドにいる着ぐるみを着て歌い踊るんですよ。ただ歌って踊るだけじゃなくて、着ぐるみの中でパフォーマンスをしないといけないという。お人形さんに臆することなくめちゃくちゃアツいパフォーマンスをしてくれるんですよ。それに胸を打たれて。うちらはそのまま踊って歌っているだけなのにこりゃもうがんばらないけんわって。観ていてめちゃめちゃエネルギーももらいましたし、この人こんなに歌えるんだっていう新しい一面もいっぱい観れてすごく楽しかったです」と声を弾ませた。

MIYAVIが「あ~ちゃん泣いてたもんね」と言うと、あ~ちゃんは「泣いちゃった……」と照れる。そこに大泉は「あ~ちゃんの涙はバカバカしかったよね」とツッコむと、あ~ちゃんは「やだねー! そういうふうに言わないで! 本当に感動して……」とネタバレをポロリ。MIYAVIは「それネタバレじゃない!?」と焦り、大泉も「あ~ちゃん、ごめん! あんまりしゃべらないで」とあ~ちゃんの発言をストップさせる。あ~ちゃんと大泉のやり取りにMIYAVIは「このあ~ちゃんと大泉さんの掛け合いが毎回発生するんですよ」と笑った。

かしゆかは「皆さんすごかったんですけど、絶対に声を聴いたらわかると思ったんです。そしたら皆さんマスクを被っていると意外とわからなくて、ヒントをたくさんいただいてもなかなか当てられなくてどんどん夢中になっていきました」と感想を話す。のっちも「本当は中の人は誰だろうって推理しなくちゃいけないのに、単純にいい席でパフォーマンスを観させていただいたので毎回夢中になっていました」と興奮気味に語った。

大泉がMCを務めることについて「自分の話ばかりするのではないか?」という心配をしていたというあ~ちゃん。「MCなんじゃけえ、引き立てないかんよと思っていたんです」とあ~ちゃんが言うと、大泉は「田舎のお母さんかよ!(笑)でもMIYAVIさんとPerfumeさんのおかげで番組が成立したというか。MIYAVIさんとか見た目いかついじゃないですか。同じ学校に行ってたらいじめられてると思う。実際はものすごく優しかったんです。シンガーの中には声を聴いた瞬間、一発でわかる人もいるんですよ。でもね、みんな違う人を予想で言うんですよ。外しに行くのがつらいときでもMIYAVIさんは違う人を言ってくる。でもトイレで『あの人キツいっすわ』って(笑)。それなのにでもみんなちゃんとやってくれるからいい人たちだなって」と2組のパネラーっぷりを褒める。MIYAVIはそれに対して「大泉さんはシンガーと一緒にいるから素の声を聴いてるけど、僕らが聴くのはボイスチェンジャーで変わった声だから」とヤラセ疑惑を払拭した。

その後、5人は12組の「ザ・マスクド・シンガー」の中から推しパフォーマーを発表し、舞台上にそのパフォーマーたちが登場。大泉は推しパフォーマーにローズ、MIYAVIはネオンパンダ、あ~ちゃんはウルフを選び、それぞれ中身のヒントをパネルで伝える。ローズは「イラッとする」、ネオンパンダは「問題娘」、ウルフは「腹筋」がヒントとのことなので、番組を視聴する人はこちらも参考にしてみよう。

最後に大泉は「『ザ・マスクド・シンガー』は韓国やアメリカの人気番組を日本で作ったということでございますけれども、Amazon Prime Videoが本気でどえらいお金を使って作っていますので、日本っぽくないです。絵から何からなんか日本ぽくない。アメリカっぽいです。日本のスタッフがお金の使い方がわからないくらいもらったと言っててね。アメリカとものすごく長い期間やり取りをして時間をかけて編集している。ゲストがマスクを付けて素晴らしくレベルの高いパフォーマンスをしてくれますので、ただパフォーマンスを観ているだけでも楽しいし、誰かを当てていくのが楽しい番組です。ご家族で、老若男女誰でも楽しめる番組なので、どうぞ多くの方に観ていただきたく思っております」とコメントし、イベントを締めくくった。

ザ・マスクド・シンガー

Amazon Prime Videoにて2021年9月3日(金)より配信

(c)2021 Amazon Content Servise LLC

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL