エイプリルブルーが新音源の収録曲「シーサイド」配信、架空の映画のクライマックス描く

エイプリルブルーが新音源の収録曲「シーサイド」配信、架空の映画のクライマックス描く

エイプリルブルー

エイプリルブルーの楽曲「シーサイド」が本日9月29日に配信リリースされた。

「シーサイド」は11月17日にリリースされる新作音源「いつかの海」の収録曲。「いつかの海」は、海を見たことがない少女と海辺の街から転校してきた少年の出会いを描く架空の映画をコンセプトとした作品で、「シーサイド」はそのクライマックスである、少女が少年に連れられて生まれて初めて海を見る場面をイメージして作られた。この曲は、かねてよりライブの定番曲となっていたが、今回が初の音源化となる。レコーディングとミックスは岩田純也(Triple Time Studio)、マスタリングは中村宗一郎(PEACE MUSIC)が担当した。

現在YouTubeでは、小島央大が手がけた「シーサイド」のミュージックビデオが公開されている。こちらは、追って公開される「いつかの海」再現ライブの映像と合わせて撮影されたもので、バンドの演奏風景が捉えられている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL