土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.8(前編) 大貫亜美(PUFFY)&韓流好き女子りょう子ちゃんと語り尽くす、新大久保の楽しみ方(前編)

土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.8(前編) 大貫亜美(PUFFY)&韓流好き女子りょう子ちゃんと語り尽くす、新大久保の楽しみ方(前編)

左からりょう子、土岐麻子、大貫亜美。

シンガー土岐麻子が中心となり、毎回さまざまな角度からK-POPの魅力を掘り下げている本連載。8回目となる今回は土岐のたっての希望で、ゲストとしてPUFFYの大貫亜美、韓流好き女子りょう子ちゃんに登場してもらった。トークテーマは東京・新大久保エリアの楽しみ方。韓国料理レストランやコスメショップなどが軒を連ね、韓流ファンで日々にぎわうこの街を3人はどのように楽しんでいるのか。それぞれのおすすめコースを、アイドルのライブ配信さながらのパーティライクな雰囲気の中で語ってもらった。

取材 / 土岐麻子 文 / 岸野恵加 撮影 / 曽我美芽

何十年かぶりに新大久保を訪れてみたら

土岐麻子 読者の方はこの並びを見て不思議な組み合わせだと思われてるかもしれないですけど(笑)、今日3人で集まれるのをとても楽しみにしていました!

りょう子 チンチャそれな。緊張しちゃう……。よろしくお願いします!
土岐 本物の「チンチャそれな」だ!(笑) 亜美ちゃんとは、この連載が始まったときからずっと、一緒に新大久保を回る企画をやってみたいと思ってたんです。でもコロナ禍でなかなかお出かけもできない状況になっちゃったから、V LIVE風にワイワイおしゃべりする企画はどうかなと。で、私たちがオンニ(お姉さん)になれる年下の女子がいたらいいなと思って、マンネ(末っ子)としてりょう子ちゃんをお招きしました。一昨年くらいにInstagramを見ていたらおすすめ欄にりょう子ちゃんが出てきて、「面白い子がいる」って周りの子に共有したりしてたんです。

大貫亜美 実際に生で会えて、私も今感動してる。めっちゃかわいい。

りょう子 え~! 超うれしいです。カムサハムニダ~!!

土岐 かわいいー! 今日は新大久保について語り合えたらと思うんですけど、そもそも私、K-POPを好きになってから初めて新大久保に行ったときは、亜美ちゃんに案内してもらったんですよ。ちょうど2年前くらいかな。BLACKPINKとかMONSTA Xにハマり始めたとき。

大貫 あのときかあ。私はその頃はもう、週5とかで新大久保に通ってたんだよね(笑)。

りょう子 週5! 確か娘さんもK-POPがお好きなんですよね?

大貫 そう、娘が4年くらい前からK-POPにどハマりして。でも新大久保に1人で行くのはちょっと……っていう感じだったので、学校帰りに連れて行って、ついでにごはん食べたり、アイドルグッズを眺めたり……を毎日のようにするようになりました(笑)。

土岐 すごく仲良し親子なんだよね。誕生日プレゼントに、娘さんの好きなPENTAGONのジンホのソロツアーに連れて行く韓国旅行をサプライズで企画したり。

大貫 そう。私、娘大好きなの。「昨日あれが買えなかったから今日も新大久保に行きたい」って娘が言ったら、「わかったわかった」って喜んで連れて行っちゃう(笑)。初めて土岐さんと一緒に新大久保に行ったときはどこに行ったんだっけ?

土岐 焼肉食べて、イケメン通りをぶらついて、カフェに寄ってドン・キホーテに行って解散したんじゃなかったかな。私は高校生のとき、新大久保の予備校に通ってたんですけど、その頃はあんまり人通りもなくて、少し寂しい街だったように記憶してるんです。予備校のほかにはポツポツある中古楽器屋さんに行くくらいで。

大貫 そうだね。私も楽器買いに行ってた。奥田民生さんに「あの店いいよ」って教えてもらって、そこに行ってみたり。

土岐 そんな時代から何十年かぶりに亜美ちゃんと訪れてみたら、今や若い子たちがたくさんいて街全体がすごくにぎわっていて、とても驚きました。

りょう子 へえ~!! 私は今みたいににぎわってる新大久保しか知らないので、びっくりです!

2時間で回るそれぞれの新大久保ベストコース

土岐 今日のために事前にそれぞれ、「2時間で新大久保を回るとしたら」という想定で、おすすめコースを組んできました。じゃあ最初は亜美ちゃんから。

大貫 私は娘と友達と回るイメージで考えてみました。
大貫 娘と一緒に家から向かって、友達とは新大久保駅で待ち合わせ。お化粧品やグッズを見たりしつつお腹を減らして、途中でスーパーに寄って足りない食材や調味料を……買うときもあれば、荷物になるから目星を付けるまでにとどめることも多い(笑)。で、サムギョプサル食べて、ケランチム食べて、ラーメンとマッコリ買って、ホットクを食べながら「じゃあねー!」って別れるのがいつもの流れですね。

りょう子 いいコース! ケランチム、ノムノムマシッソヨ(本当においしい)ですよね~! 卵がふわふわで。

土岐 途中で買わずに目星を付けておくっていうのはいいかも。面白い。

大貫 新大久保のあの空間が好きすぎるから、ちょっとでも長居したいんだよね。足しげく通ってるからそんなに寄るところはないけど、とりあえず目星を付けておいて、最後にまた戻るっていう(笑)。

土岐 この手法、真似します(笑)。では続いて、りょう子ちゃんのコースは?

りょう子 じゃーん!これです。

りょう子 プングムっていう有名なお店があるんですけど、そこの本店にずっと通ってます。ここのサムギョプサルとチキンがおいしくて! そのあとにチョンガーネに行って化粧品を見たり試食したりしてる間にお腹が空いてくると思うので、ソウル市場でお買い物をします。ソウル市場でしか売ってないものが多いんですよね。炭酸が入ってる生マッコリが特においしくて、いつも買ってます。で、そのあとにジャージャー麺を食べて締めます。

大貫 いい! お腹いっぱいプラン。生マッコリ、おいしいよねえ。

りょう子 生マッコリがないときは、「七星サイダー」っていう韓国のサイダーを普通のマッコリに入れて飲んだりしますね。生マッコリ感を出すために。

土岐 そのくらい生マッコリが好きなんだね。

りょう子 大好きです! 土岐さんのコースは、マニトフライドチキンからスタートなんですね。
土岐 そう。友達と待ち合わせして、まずはチキンとチャンポンから。大人数のときは赤字セットを頼んでゆっくり過ごして。その隣のブロックにあるZOOの飼い犬の、サモエドに挨拶をする。

大貫 ZOOって2階建てのペットショップだよね。

土岐 そうそう。そこのトリミングサロンにいる看板犬のサモエドがかわいいんですよ。そのあとCafe ONでゆっくりして、最後は明洞コスメとチョンガーネでお土産を買ってさくっと解散、な感じですね。

りょう子 最初にお腹を満たすのもいいコースですねえ。

カフェ編

土岐 じゃあここからは、ジャンルごとに2人のおすすめスポットについて詳しく聞いていきたいと思います。さっき挙げてもらったコースに含まれてるところも多いと思うけど、まずはカフェから行こうかな。

大貫 私はごはんを食べたあとは必ずカフェに寄って、そこに来る男子を見ながら友達とお茶をするのが好き(笑)。CAESAR Cafeっていうところは、韓流スターのカップを使って好きなグループのロゴとかのラテアートをして出してくれる楽しいカフェです。あとはCafe du Richeっていうお店もオススメ。ちょっとメインストリートからは離れてるんですけど、お腹いっぱい食べたあとに、ちょっと腹ごなしに歩くのがちょうどいいんですよ。

土岐 なるほどね。りょう子ちゃんは、カフェとか行く?

りょう子 ネー(はい)! 私のオススメは、なんと言っても2D Cafeです! 見てください、ひと言で言うと、すごく映えるんですよ!!(スマホで検索したお店の写真を見せながら)
大貫 あー!! このカフェ、韓国にもあるよね! すごく行ってみたかったところだ。

りょう子 そうです~!! 椅子も机も白と黒で統一されてて、絵みたいな感じになってて。

土岐 えっ! これ、絵じゃないんだ。

りょう子 違うんですよ、写真です!(笑) 新大久保駅から歩いてすぐ着いちゃいます。ケーキとかタピオカミルクティーとか普通のカフェメニューもありますし、パッピンス(かき氷)もすごくおいしいです。ぜひ映え写真撮ってみてください~!

土岐 へえー! 面白い。行ってみたいな。

コスメ編

土岐 続いては、新大久保といえば欠かせないコスメもオススメを聞いていこうかな。りょう子ちゃんは若い子が愛用するようなブランドを使ってるのかな?

りょう子 そうですね~、私は3CEが好きです! リップティントがすごくよくて。K-POPアイドルの間でも、唇の裏側にティントを塗ってちょっとグラデーションみたいな感じにするのが流行ってると思うんですけど、それが再現できます。

大貫 さすが、アイドルメイクも研究してるんだね。

りょう子 いえいえそんな~(両手を激しく振る)。あとはLAKAとかも好きですね。

大貫 あ、そこのチーク使ってる! ユニセックスな感じだよね。男性も使えそう。

りょう子 おしゃれですよね~。クッションファンデはカバー力がすごくいいですよ! あとは定番ですけど、シカクリームもいいですよね。今日はVT COSMETICSのものを持ってきました。

土岐 ああ、虎のマークの。BTSとコラボしてるブランドだね。

りょう子 ですです! 肌の再生を助けてくれるというシカ成分、すごく流行ってますよね。肌が弱い人でも使えると思います!

大貫 へえー、探してみよう。土岐さんが持ってきてくれたこれは、エルツティン……?

土岐 の、シルクセラム。これは明洞コスメで買ったんだけど、店頭に50代くらいの女性販売員の方がいて。すごく話しやすいし、その方の肌がすごくきれいで思わず見とれてしまって。このセラムをオススメしてもらって買ってみました。私は化粧水のあとにセラムをかませてクリームを塗る、みたいな感じで使っています。それが正しい順番なのかはわからないんですけど(笑)。これをつけてるときは肌の調子がいいんですよ。前に同い年の友達にも薦めたんだけど、よかったって言ってた。

大貫 そうなんだ。私たちの世代にぴったりなのかもね。私はコスメのオススメは……なんか、パックは毎日したほうがいいって言うじゃないですか。でもいつも、由美ちゃん(PUFFYの相方の吉村由美)と「した?」「してない」ってやり取りをするばかりで(笑)。

りょう子 チンチャ(本当に)!? でも、すごくお肌きれいです。

大貫 ありがとう(笑)。なんかね、昨日も「めんどくさがりだから、毎日パックするとか正直続かないんだよね」って話で由美ちゃんと盛り上がっちゃって(笑)。この間新大久保で行ったお店で、店員のお兄さんが透き通るような毛穴のない肌をしてたんですね。「どんなケアしてるか教えて」って言ったら「特に何もしてません」って。そのあとお店に行くたびに「教えて」って問い詰めたら、「お水をいっぱい飲みます。1日に4リットルくらい」って。「そんなに飲めるわけなくない? 本当に?」って聞いたら、「この店に出勤するまでに走ってきているから、それくらい飲むんです」って言うの。やっぱり納得いかなくて帰り際に「絶対ほかにも何かやってるよね?」って聞いたら、「……わかりました。教えます。毎日欠かさずにパックしてます」って(笑)。やっぱりパックが大事なんだー!っていうことを、ちょうど昨日由美ちゃんに伝えたところだった(笑)。

土岐 すごい尋問の結果だね(笑)。

大貫 それくらい彼のお肌がすごくきれいだったの(笑)。シカクリームはパックもいいですよね。でもなんか続かないんだよね。続けないとなあ(笑)。

りょう子 私も新大久保でパックまとめ買いしてこよっと! ……ん?(スマホの通知を確認して慌てた様子で)……オットッケ(どうしよう)~!! ミアネ(すみません)……私、ちょっと、行かないと……!(取材部屋から飛び出す)

土岐大貫 えっ! 大丈夫……?

急遽登場した代打・スクールゾーン橋本

土岐 ……えーと、りょう子ちゃんが急用ができてしまったみたいなので……。ここからは代打として、スクールゾーンの橋本稜さんに参加してもらいます。

橋本稜 すみません……。なんか急に、推しのV LIVEが始まっちゃって、どうしても観なきゃいけないみたいで……。でもりょう子ちゃんの情報はなんでも知ってるので、任せてください。

大貫 あははは。橋本さんもいまや日本の韓流関連コンテンツには引っ張りだこですよね。だからお会いしてみたかったです。

土岐 古家正亨さんとセットみたいな感じでいつも一緒にMCで出られてて。「あ、また出てる」って。

橋本 「また出てる」ってそんな、ゴキブリみたいに言わないでください!(笑) いやでも、お二人がK-POP好きなのも知っていたので、代打とはいえこうしてお会いできて光栄です。僕、本当に友達がいなくて。15年くらい前から韓流ドラマ観てるんですけど、話せる相手が全然いないんですよ。

土岐 15年前? 今おいくつでしたっけ。

橋本 29です。中学生の頃に「冬のソナタ」を観て韓流にハマって、ペ・ヨンジュンさんの「太王四神記」っていうドラマを観て、その主題歌で東方神起を知って、そこからK-POPに夢中になった感じです。

土岐 へえーすごい。新大久保にはいつ頃から行ってますか?

橋本 10年くらい前に上京してきたときに行ったのが最初ですね。もう憧れの街だったので、東京に来てすぐに行きました。そこから6年くらい、新大久保でバイトをしてました。

大貫 え、どのお店でバイトしてたんですか?

橋本 魚民です。

一同 (笑)。

橋本 これにはちゃんとした理由があって(笑)。観光目的の日本人の方は、新大久保まで行って魚民へはなかなか行かないじゃないですか。その街で働いてる韓国人の方がたくさん来るんだろうなと。そこでお客さんとお話ししてネイティブな韓国語を勉強したり、友達を作れたりしたらいいなって狙ったんです。あと、韓流ドラマを見てると、飲食店のアルバイトの子って最初絶対に肉を焼いた鉄板を洗わされてるじゃないですか。あれは大変そうだなと思って……。

大貫 なるほど。

土岐 10年くらい前だと、少女時代とか東方神起とかが人気で、今とは違う韓流ブームがあった頃ですよね。

橋本 そうですね。でも今はあの頃の倍くらい、新大久保に人が来てるような印象がありますね。バイトしてた頃は週5、6で通ってたんですけど、ポポ屋台(現POPOホットク)ってお店のおじさんとすごく仲よくなったんです。僕が18時から出勤だとすると、17時40分くらいにホットクを焼いておいてくれて、僕が通ると「はい、お疲れさまー!」って渡してくれて。うれしかったですね。

土岐 えー、素敵な関係。

大貫 「ロッキー」のリンゴみたいな感じね。走ってるときに市場の人が投げてきたのをキャッチしてシャリッとかじるやつ。

橋本 そうですそうです(笑)。

韓国料理店編

土岐 じゃあ次は、オススメの韓国料理店があれば教えてください。

橋本 選べないくらいたくさんあります。まずはそうですね、やっぱりジンコゲかな。ちょっと外れにあるんですけどご存知ですか? パチンコ屋さんを越えたところにある交番のちょっと奥なんですけど。

大貫 あっ行ったことある! 韓国人の知人にオススメしてもらって。

橋本 本当ですか! そうそう、観光客っぽい日本人があんまりいないんですよ。すごくおいしいですよね。

大貫 食事してたら、店員さんのお子さんが帰ってきて。

橋本 はいはい!(笑) 男の子ですよね。「オンマァ(お母さん)ー!」って。

大貫 そうそう。お店が満席だったから、すっごい隅の席でゲームし始めて。「おいでよ」って誘って、一緒にごはんを食べました(笑)。シャイでかわいかったな。

橋本 温かい雰囲気のお店ですよね。お母さんも優しくて。コースの量がすごく多いので、たっぷり食べられます。

大貫 お刺身とかもお醤油にわさびじゃなくて「韓国では辛いタレで食べるから、ヌナ(お姉さん)、食べてみて」って。おいしかったなあ。

土岐 海鮮料理なんだね。あんまり新大久保で海鮮って行ったことなかった。気になる!

橋本 サンナッチ(タコの踊り食い)とかも食べられますよ。土岐さんのオススメはどこですか?

土岐 コースにも入れたんですけど、マニトフライドチキン。今、新大久保には韓国語のレッスンで定期的に通ってるんですけど、その帰りによく1人で食べに行ったりします。チキンも胃がもたれないし、なんと言ってもチャンポンがすごくおいしくて。検索してみたら「ここのチャンポンが新大久保で一番おいしい」って口コミも見ました。あと赤字セットっていうのがすごいお得なんですよ。

大貫 (お店のサイトを見つつ)すごい、総重量1.7kg!(笑) これで2000円しないのは安いね。

土岐 そう。女の子2人がこれ頼んで何時間もおしゃべり、みたいな光景をよく見ます。

大貫 はしもさん……あ、りょう子ちゃん(笑)がコースに入れてた肉&麺は、友達がインスタに上げてて気になってた。

橋本 ジャージャー麺のお店なんですけど、本場に近いジャージャー麺が食べられます。タンスユク(韓国式酢豚)とジャージャー麺のセットがオススメですね。僕は締めで行くことが多いです。コースの通り、サムギョプサルとか食べてお酒を飲んで、買い物したあと最後に寄るのが最高です。

土岐 ジャージャー麺って韓流ドラマの中にも一番くらいの勢いで出てくるよね。憧れる。

大貫 そんなに食べる?くらいの頻度で出てくるよね(笑)。韓国料理店のオススメだと、私はビョルジャン。けっこう新しいお店で、最近のドラマに出てきそうな、ネオンが飾られてるような内装もかわいい。新大久保になじみのない友達を連れてくと、「ドラマみたい!」て喜んでもらえます。

土岐 へー。あんまりガヤガヤしてない感じなのかな?

大貫 にぎわってはいるけど、それも韓国にいるみたいな雰囲気ですごく楽しい。セウジャン(海老の醤油漬け)は絶対に注文します!

(後編へ続く)

※掲載している店舗や商品の情報は、情勢の変化などにより実際と異なる場合があります。

土岐麻子

1976年東京都生まれ。1997年にCymbalsのリードボーカルとして、インディーズから2枚のミニアルバムを発表する。1999年にはメジャーデビューを果たし、数々の名作を生み出すも、2004年1月のライブをもってバンドは惜しまれつつ解散。同年2月には実父にして日本屈指のサックス奏者・土岐英史との共同プロデュースで初のソロアルバム「STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~」をリリースし、ソロ活動をスタートさせた。2019年10月にソロ通算10作目となるオリジナルフルアルバム「PASSION BLUE」、2021年2月にはカバーアルバム「HOME TOWN ~Cover Songs~」を発表。2021年11月24日には約2年ぶりとなるオリジナルアルバム(タイトル未定)をリリースする。

TOKI ASAKO OFFICIAL WEBSITE
土岐麻子staff (@tokiasako_staff) | Twitter
土岐麻子 (@tokiasako) ・Instagram写真と動画

大貫亜美

1973年東京都生まれ。1996年、奥田民生プロデュースの「アジアの純真」で女性デュオ・PUFFYとして吉村由美とともにデビューし、「これが私の生きる道」「サーキットの娘」「渚にまつわるエトセトラ」など次々にヒットを連発。2021年にデビュー25周年を迎え、幅広いアーティストとコラボしたオリジナルアルバム「THE PUFFY」を9月22日にリリースした。個人としては5月に初のエッセイ本「たぬきが見ていた」を上梓。小学生時代に韓国で暮らした経験があり、2018年度のNHK Eテレ「テレビでハングル講座」にレギュラー出演していた。

PUFFY公式サイト
PUFFY 大貫亜美 (@ami_onuki)・Instagram写真と動画

橋本稜

1992年1月10日生まれ、埼玉県出身。俵山峻とともにお笑いコンビ・スクールゾーンとして活動。K-POPや韓流ドラマなど韓流コンテンツに明るく、SNSにアップする“韓国あるある”ネタが話題に。中でも“韓流好き女子”りょう子ちゃんの「チンチャそれな」というフレーズは2020年、日本テレビ系「ZIP!」内の「10代が予想する今年の流行語大賞」にノミネートされるほど人気を博した。

スクールゾーン プロフィール|吉本興業株式会社
スクールゾーン はしも (@schoolzonehsm) | Twitter
スクールゾーン はしも(@schoolzonehsm)・Instagram写真と動画

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL