吉本坂46、来年2月のアニバーサリーライブを持って“冬眠”

吉本坂46、来年2月のアニバーサリーライブを持って“冬眠”

2019年12月に神奈川・カルッツかわさきで行われた「吉本坂46 誕生祭 1st Anniversary Live」の様子。

吉本坂46が2022年2月5日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で行うアニバーサリーライブをもって活動を休止し、“冬眠”することを発表した。

吉本坂46の運営委員会は、いまだ新型コロナウイルス収束の見通しが立たず、通常の活動ができないことから活動休止という判断に至ったことを説明。今後については「ここで一旦、吉本坂46での活動はお休みにはなってしまいますが、これからもそれぞれが、さらに大きく逞しくなって、いずれみなさんとまたお会いできる日を楽しみにして邁進してまいります」とコメントしている。なおアニバーサリーライブの詳細は追ってアナウンスされる。

吉本坂46は、乃木坂46、欅坂46に続く秋元康プロデュースの坂道シリーズ第3弾として2018年8月に結成されたグループ。CDリリースや定期公演の実施など、東京ドーム公演と「NHK紅白歌合戦」出場を目標に掲げた本格派アイドルを目指してこれまで活動してきた。

吉本坂46 アニバーサリーライブ

2022年2月5日(土)東京都 Zepp Haneda(TOKYO)

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL