鞘師里保、“光の広がり”描いた新作発売「言葉が生まれてくる心が確かなものであるように」

鞘師里保、“光の広がり”描いた新作発売「言葉が生まれてくる心が確かなものであるように」

鞘師里保

鞘師里保の新作ミニアルバム「Reflection」が2022年1月12日にリリースされる。

新作ミニアルバムの発売は、本日11月27日に東京・ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催されているドキュメンタリーフィルム「Middle of the Night」の上映会にてアナウンスされ、会場では収録曲「Winding Road」のティザー映像も公開された。「Reflection」は通常盤、DVD付きの初回限定盤A、フォトブックとスリーブケースが付属した初回限定盤Bの3形態が用意され、収録曲の詳細は後日発表となる。

また「Reflection」の発売決定に合わせ、鞘師の新たなアーティスト写真と直筆コメントも公開された。彼女は「Reflection」について、「前作のテーマであった“夜明け”で昇った太陽の、水面や地上を照らす、光の広がりをイメージしたタイトルです」「メッセージを届ける立場として、言葉が生まれてくる心が太陽のようにできるだけ確かなものであるように。そう向き合ってきた中で見つけ出した気持ちや、共有したい考えが曲として形になりました」と書きつづっている。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL