純烈の武器はマジックハンドと除菌スプレー!紅白で客席と“純烈マジックコミュニケーション”

純烈の武器はマジックハンドと除菌スプレー!紅白で客席と“純烈マジックコミュニケーション”

純烈(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月28日に会場の東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事では純烈のコメントを紹介する。

「君がそばにいるから」を歌う純烈は、客席を練り歩く際にマジックハンドと除菌スプレーを駆使して観客とコミュニケーションを取るという、彼らならではのパフォーマンスを実施することが明かされた。この演出について、酒井一圭は「名付けて“純烈マジックコミュニケーション”ということで。(ファンとの交流が)今できていないからこそ、NHKの演出さんが考えてくれました」とコメント。後上翔太は「逐一(マジックハンドを)除菌しないといけないから、お客さんが濡れちゃうかも」と笑いながら付け加えた。

紅白出場は4度目ながら、「もう慣れた?」という問いかけに酒井は「いやいや!」と首を横に振り「2回目のときはメンバーが減ったけど奇跡的に出場できて、3回目は無観客。4度目は会場が変わって……と、常に違う状況ですから。『顔引きつってもいいから笑っとけ!』という感じでやってます」と返答。「今年はコロナ禍でも200ステージ弱で歌わせていただいて、熱い応援のおかげで年末の大舞台に立てるということはファンの皆さんにも喜んでいただけることかと思います。純烈らしく楽しく明るいステージにできればと思います。国民の皆さんの1年のがんばりをねぎらいながら。そういう思いも込めて歌いたいと思っています」と意気込みを見せていた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL